双子葉植物ユキノシタ科
シラヒゲソウ  Parnassia foliosa var. nummularia
絶滅危惧I類(CR+EN)
-
限られた生育場所にしか自生が見られない。そのため特定の環境のみに生育が可能な種である。
多年草。根生葉は多数かたまってつき、長い柄があって腎形〜心円形。茎葉は数個つき無柄で基部は茎を抱く。花茎は高さ15〜30p位。8〜9月頃茎頂に1個白色の花をつける。5枚の花弁の縁は糸状に細裂する。雄しべ5本、間に3つに裂けた仮雄しべがある。
山の陰地や湿地に生育する。
小豆島の一部で確認されている。
生育環境の改変により、現在は自生が確認されていない。絶滅している可能性があるので、詳しい調査が必要である。
森林伐採やスギ・ヒノキなどの植林、湿地の開発等によって生育環境が変容しいている。
(新居正敏)