香川の環境のトップページに戻ります
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > みどり・自然 >大滝大川県立自然公園
大滝大川県立自然公園

 大滝大川県立自然公園は、平成4年9月に本県で初めての県立自然公園として指定されました。その区域は、讃岐山脈の大滝山から竜王山を経て滝ノ奥峠に至る地域及び大川山周辺の地域で、面積は2,363haあります。この地域は、本県最高峰の竜王山(1059.9m)をはじめ、大川山、大滝山を擁し、大滝山のブナ林や大川山のイヌシデ林などの貴重な自然林が残され、また、数多くの昆虫や野鳥等が生息しており、県下で最も優れた自然環境を有する地域の一つです。

  自然公園マップ
  大滝大川県立自然公園
  高松市塩江町大滝山のブナ林
  高松市塩江町大滝山県民いこいの森キャンプ場 自然公園センター
  まんのう町大川山
  まんのう町大川山 イヌシデ林の霧氷
  八峯川龍王ノ滝及びまんのう町明神川