香川の環境トップページに戻ります

香川県希少野生生物の保護に関する条例

【条例に関するお問合せ先】

香川県 環境森林部

みどり保全課 

野生生物グループ

〒760-8570

香川県高松市番町四丁目1番10号

TEL:087(832)3212

FAX:087(806)0225

 
条例制定の背景と趣旨

 川県の「温暖でみどり豊かな自然」は、良好な自然景観と多くの野生生物によって構成されています。

 生生物の多くは、さまざまな自然環境に順応し、また県民の生活と共存してきましたが、都市化の急速な進展など人間の生活様式が変化・拡大するにつれ、野生生物の生息する環境が脅かされ、絶滅のおそれが生じています。

 川県では、平成16年3月に香川県レッドデータブック(香川の希少野生生物)を作成しました。このレッドデータブックは、県内に生息又は生育する絶滅のおそれのある野生生物として798種の状況を明らかにしたものです。

 生生物の減少や絶滅は、生態系に影響するだけでなく、私たち県民が豊かな自然環境から受けるさまざまな恵みも失うことから、希少野生生物を保護して生物の多様性を保全する取り組みが必要です。

 のことから、県内に生息又は生育する希少野生生物の保護施策を総合的かつ計画的に推進するための「希少野生生物の捕獲・採取等の制限」、「生息又は生育地の保全に関する規制」等を規定した条例を制定しました。