香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川の保存木

白峰宮のクスノキ

【香川の保存木 122】
  • 写真1 (2014年)
 約800年前に二条天皇が宣旨を下して建てられた白峰宮は、崇徳上皇を八十場の水に安置した聖地である。壮大なクスノキを眺めると歴史を感じ、地域の人々には御神木として親しまれている。

【マップ】                  【データ】

樹高 胸高幹周 枝張り 所在地
23.5m 5.8m 東西:29.2m
南北:31.1m
坂出市西庄町八十場1712

【道順】

県道33号線をJR八十場駅から高松方面へ向かい、300mほど進むと、別宮バス停がある。そこから南西方向に鋭角に折れ、踏切を越えて400mほど進むと、四国霊場79番札所高照院(天皇寺)の隣に白峰宮がある。その境内に、樹齢約500年と推定されるクスノキの大樹が聳え立っている。

より詳しい地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.