香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川の保存木

洲崎寺のイチョウ

【香川の保存木 19】
  • 写真1 (2001年)
 このイチョウも八栗寺のそれと同じく雌株で、樹勢は良好である。5月頃には未成熟の実が地上に落ちて、地面を緑色に染め、秋にはギンナンの実が近所の人々引き寄せているという。また、秋の紅葉も見事で、訪れた人々の目を楽しませている。

【マップ】                  【データ】

樹高 胸高幹周 枝張り 所在地
22.0m 3.4m 東西:16.5m
南北:15.7m
高松市牟礼町牟礼2691

【道順】

国道11号線から高松町交差点を経由して県道36号線に入り、東進する。そして、牟礼町に入って二つめの交差点(コトデン八栗駅の東側)を左折し、県道36号線を600mほど北進すると、左手に洲崎寺がある。イチョウは、本堂から南西の方向にある。

より詳しい地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.