香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川のみどり百選

大川山(だいせんざん)

【讃岐山脈の水源の森 2
位置:まんのう町 標高:1,043m
大川山(だいせんざん)
 大川山は、豊かな植生を育み、特に山頂付近の北側斜面には、樹高20mを超すイヌシデのほか、イタヤカエデ、コハウチワカエデなどの大木もみられます。イヌシデ林は、冬季に霧が樹木に付着して凍結し、花が咲いたような霧氷が見られることがあり、独特の景観として珍重されています。大川山一体は、大滝山などとともに大滝大川県立自然公園に指定されています。
 また、山頂には大川神社があり、その昔、白蛇が竜に変じて大雨を降らせたという言い伝えがあり、雨乞いと安産の神として、地域の人々の信仰を集めています。

 大川神社の秋祭りは8月末の日曜日に開催され、獅子舞や出店が立ち並び、にぎわいをみせています。大川山旧登山口に39丁12間と書かれた石碑があり、そこから25丁ほど登ったところには、丁石のある随神門があります。昔は、ここより先は女人禁制で、女性はここからお参りしたそうです。
 現在では、「だいせんみち」をはじめとする登山道やキャンプ場が整備され、多くの人に利用されています。また、県内第2の高峰を誇り、その雄大な姿を讃岐平野の多くの地域から見ることができることから、讃岐山脈の盟主ともよばれています。
JR琴平駅から琴参バス美霞洞温泉行約40分、中通バス停下車で中通神社付近の登山口着。
コラム
【大川山キャンプ場】
 大滝大川県立自然公園内の大川山頂上近くにあり、四季を通じて様々な自然に接することができます。野鳥が数多く生息しており、バードウォッチングを楽しむことができます。展望台からは讃岐平野が一望でき、遠く瀬戸大橋も望めます。

アクセス

JR琴平駅から琴参バス美霞洞温泉行約40分、中通バス停下車で中通神社付近の登山口着。
車:国道438号をで中通神社付近の登山口へ。登山口から約30分で山頂付近へ。


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.