選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ

Listen to this page using ReadSpeaker
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > 環境レポート > 県立図書館で夏休みの小学生親子を対象とした環境学習イベントを開催しました!
県立図書館で夏休みの小学生親子を対象とした環境学習イベントを開催しました!

 香川県では今年度から、子どもから大人までが身近な場で気軽に環境学習を行う場を提供するため、民間団体や企業など様々な主体と協働した環境学習ネットワーク促進事業に取り組んでいます。
 その一環として、7月30日と8月4日に県立図書館で、ゲームや工作、実験などを通して楽しく環境について学べる自由研究にぴったりなイベントを民間団体、各協会や学校の先生に御協力をいただき開催しました。
 夏休み中ということもあり、2日間でのべ500名近い大勢の皆さんに参加していただきました。


 両日の様子をお伝えします。

7月30日「エコサマーフェス」

 県立図書館2階視聴覚ホールと1階親子読書コーナーや屋外駐車場で、小学生親子を対象とした7つの環境学習ブースを、6つの団体に出展していただきました。

@かがわ環境カウンセラー協議会による「水のオリンピック」

 同団体では環境カウンセラーの資格を持つ民間の指導者が、学校や地域での出前講座や指導者研修などを実施しています。
 水を使ったゲームをしながら、身近にある水の大切さについて楽しく学んでもらいました。

A香川県浄化槽協会による「めぐる水」

 同協会では、浄化槽の普及と法定点検の促進に取り組みながら、次世代を担う子どもに対する環境教育に取り組まれています。
 水質検査の実験や顕微鏡での観察をしながら、毎日使っている水がきれいになる仕組みについて学びました。

B香川県地球温暖化防止活動推進センターによる「ソーラーランタン作り」

 同センターは、香川県知事の指定を受け、地球温暖化対策に関する広報・啓発活動や、地球温暖化防止活動推進員に対する研修など、地球温暖化防止に向けた活動をされています。
 ペットボトルとソーラーライトでソーラーランタンを作りながら、地球にやさしいエネルギーなどについて学びました。

Cどんぐりネットワークによる「はっぱのしおり作り」

 同団体では、ドングリランドの管理運営の他、幼稚園や学校での出前講座の実施など、ドングリや森林について親しんでもらえるよう活動されています。
 葉っぱの名前当てクイズの後は好きな葉っぱでしおりを作って、樹木や森林について楽しく知ることが出来ました。

D香川県子ども文庫連絡会による「環境絵本の読み聞かせ」

 同団体は、県内図書館を中心に絵本の読み聞かせ活動をされています。今回は環境イベントに合わせて、環境や自然に関する絵本の読み聞かせを行いました。
 環境をテーマにした本の紹介や、読み聞かせを通じて、小さな子どもも楽しく環境について考えるきっかけになりました。

E香川県産業廃棄物協会青年部会による「環境紙芝居」と「働く車の展示」

 同協会は、産業廃棄物の適正処理にかかる指導や研修に取り組みながら、ごみ拾い活動などの環境保全活動を行うなど、県民の環境意識の高揚に取り組まれています。
 オリジナルの環境紙芝居では、ごみを捨てることやリサイクルについて、楽しく分かりやすく知ってもらいました。また、その横の駐車場でのゴミ収集車とシュレッダー車の展示、説明では、実際に作業をする人から話を聞きながら自分でも体験することで、ごみ処理の手順等について知ることができました。

F香川県地球温暖化防止活動推進センターによる環境講座

 当日は、小学生親子を対象としたイベントと同時開催で地球温暖化防止活動推進員による一般向け講座「エコな暮らしと防災」を開催しました。
 地球温暖化の影響で異常気象による被害が世界中で出るなか、私たちの生活の中で出来ることを、エコと防災の観点から一緒に考える講座で、様々な年代の受講者が一緒に学びました。

8月4日「やってみよう!自由研究〜鎮守の森の魅力〜」

 この日は、2階研修室で現役の小学校の先生を講師にお招きして、地域に昔から根差した「鎮守の森」の役割や私たちとの関わりについて学んだあと、関係する本やワークシートを使いながら、スケッチブックに実際に自由研究を仕上げていくという内容の講座を開催しました。
 講師をお願いした高松市立一宮小学校の光村拓也先生は、4年連続で夏休みの環境学習講座を引き受けてくださっていて、「去年も受けました」というリピーターも参加するなど、毎年大好評のわかりやすい授業をしてくださいます。

 また、夏休みの宿題の手助けになるよう、自由研究のまとめ方や読書感想文の書き方のコツについても教えてくださいました。
 夏休みの2大宿題とも言える自由研究と読書感想文について、現役の先生から直接教えてもらえる貴重な機会となり、参加者(特に保護者の方?)は熱心にメモを取りながら話を聞いていました。


 県立図書館での夏休み講座の開催は今回が初めてとなりましたが、夏休み期間中は自由研究や読書感想文に使う本を探しに来館する人も多く、当日にイベントの開催を知って参加する人もたくさんいました。夏休みの宿題がその場で完成するなど、喜んでいただけるイベントになったのではないかと思います。
 環境政策課では、子どもから大人までが身近な場で楽しく環境について知っていただけるよう、夏休みをはじめ、今後も様々な場所でのイベントを予定していますので、是非ご参加ください♪

関連リンク