選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ

Listen to this page using ReadSpeaker
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > 環境レポート > 「森林の理科室」を開催しました
「森林の理科室」を開催しました
所 : 
かがわの森アンテナショップ  サンポート高松シンボルタワー3階かがわプラザ内
時 :
平成26年8月7日(木曜日)11:00〜16:00
       8月8日(金曜日)10:00〜15:00

 夏休みの自由研究に役立つ企画として、毎年8月上旬に開催しています。

 観察材料である森林の植物・土壌・生き物などは、まんのう町にある香川県森林センターの山で採集しました。観察を通して森林に興味を持ってもらえるよう、各コーナーでは林業普及指導員らがアドバイスをしています。

 今年は大型台風がせまる中、1日目27名、2日目20名、合わせて47名にご来場いただきました。

開催の様子1 開催の様子2

顕微鏡観察

 光学顕微鏡、実体顕微鏡、マイクロスコープ、拡大鏡、虫めがねを使って、土壌動物や植物の葉などを観察しました。

顕微鏡観察の様子1 顕微鏡観察の様子2

土壌観察

 森林土壌の色やにおい、手触りを確かめながら土の中の生き物をシャーレに取り、ルーペや虫めがねで観察しました。

土壌観察の様子1 土壌観察の様子2

木の葉の観察

 生の葉を紙の下に置き、色鉛筆でこすって形を浮き上がらせるフロッタージュでは、その木の名前や特徴を図鑑で調べてワークシートに記入しました。

 しおりづくりでは、ヒイラギモクセイの葉脈押し葉やイチョウとモミジの押し葉、生葉を使いました。

木の葉の観察の様子1 木の葉の観察の様子2
木の葉の観察の様子3 木の葉の観察の様子4

クラフト教室

 どんぐり、まつかさ、枝、輪切り、葉など森のめぐみを使ってクラフトを作りました。

クラフト教室の様子1 クラフト教室の様子2
クラフト教室の様子3 クラフト教室の様子4

樹木医相談

 樹木医の資格を持つ林業普及指導員が担当しました。

 庭木や山の状況について、2日あわせて2名から2件の相談がありました。

樹木医相談1 樹木医相談2

(香川県森林センター 林業普及指導員)

関連リンク