人と自然が共生する持続可能な豊かな海を目指して

かがわ「里海」づくり
ホーム >>かがわの里海づくりとは?

里海づくりとは?

里海づくりとは、水産資源だけでなく、景観、憩いの場、食文化、観光など多くの恵みを享受できる「豊かな海」を目指して、人の手を適度に加えて海域・陸域を一体的に管理する手法です。

里海づくりでは、多様な主体の参画のもと、施策を個別に捉えるのではなく、山・川・里(まち)・海のつながりを考えながら、総合的な施策展開を図ります。

香川県では、全域が瀬戸内海の流域であることや、県土がコンパクトで人の暮らしと海が近いという特徴を生かして、県下全域を対象とした里海づくりを県民の皆さんや関係者と連携・協働しながら進めていきます。

 

山川里海