香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
事業場排水対策
香川県においては、下図のような排水規制を行っています。

<有害物質以外の項目に係る規制>

工場又は事業場

排水量 (m3/日)

平均50
最大50
平均10
0
を設置する工場又は事業場(=特定事業場

【日最大排水量50m3未満の特定事業場に設置される(a)・(b)の施設は、条例に規定する水質特定施設(d)にも該当する(当該事業場は条例で規定する水質特定事業場にも該当する)。】

水質汚濁防止法及び瀬戸内海環境保全特別措置法による規制(1)

条例による規制(3)

 (H24.4.1〜)

条例による勧告(4)

を設置する工場又は事業場(=汚水等排出工場等

【日平均排水量50m3未満の特定事業場に設置される(c)の施設は、条例に規定する水質特定施設(d)にも該当する(当該事業場は条例で規定する水質特定事業場にも該当する)。】

条例による規制(2)

条例による規制(3)

 (H24.4.1〜)

条例による勧告(4)

  • 4)-1 自動式鶏卵洗浄施設
  • 4)-2 飲食店に設置される生うどんの湯煮施設
  • 4)-3 公衆浴場(ちゅう房施設が設置されているもの)に設置されるちゅう房施設・洗濯施設・入浴施設
  • 4)-4 4)-1〜3の施設を設置する工場又は事業場(日平均10m3以上水を排出するもの)から排出される水の処理施設
を設置する工場又は事業場(=水質特定事業場


※4)-1〜4の施設は1)、2)の施設に該当しているものを除く。
※4)-1〜4の施設は条例で規定する水質特定施設(d)に該当する。

条例による規制(3)

 (H24.4.1〜)

条例による勧告(4)

上記以外

条例による勧告(4)


<有害物質に係る規制>

工場又は事業場

排水量 (m3/日)

平均50
最大50
平均10
0
を設置する工場又は事業場(=特定事業場

水質汚濁防止法及び瀬戸内海環境保全特別措置法による規制(1)

を設置する工場又は事業場(=汚水等排出工場等

条例による規制(2)

上記以外

条例による勧告(4)

 

※1 条例 : 香川県生活環境の保全に関する条例
※2

  • 特定施設:水質汚濁防止法第2条第2項に規定されており、具体的には水質汚濁防止法施行令別表第1に定められています。→詳しくはこちら
  • みなし指定地域特定施設:施設の処理対象人員が201人以上500人以下のし尿浄化槽
    (瀬戸内海環境保全特別措置法第12条の2に規定されており、具体的には瀬戸内海環境保全特別措置法施行令第4条の2に定められています)
  • 汚水等排出施設:非鉄金属製造業の用に供する゚(からみ)処理施設(鉱山保安法第2条第2項本文に規定する鉱山に設置される施設は除く)
    (香川県生活環境の保全に関する条例第2条第8項に規定されており、具体的には香川県生活環境の保全に関する条例施行規則別表第3に定められています)
  • 水質特定施設:香川県生活環境の保全に関する条例第2条第9項に規定されており、具体的には香川県生活環境の保全に関する条例施行規則別表第4に定められています。→詳しくはこちら