香川の環境のトップページに戻ります  


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > みどり・自然 > 森林の保全 > みどり豊かでうるおいのある県土づくり条例
みどり豊かでうるおいのある県土づくり条例

みどり豊かでうるおいのある県土づくり条例とは

 香川県は、県土面積が全国で最も狭く、その面積に占める森林の割合も47%と全国平均の67%に比べ低くなっています。このように森林が少ない一方で、土地の利用度や人口密度が高いという自然的・社会的特性をもっています。また近年、みどりが有する県土の保全、水資源のかん養、地球温暖化防止等の公益的機能に対する期待や関心が高まっている中で、森林等のみどりを守り育てるとともに、適切な土地利用の調整を図ることが重要な課題となっています。
 このようなことから、緑化の推進とみどりの保全に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、みどり豊かでうるおいのある県土づくりを進めることを目的として、この条例を制定しました。
 この「みどりの条例」により、一定規模(森林は0.1ha、その他は1.0ha)以上の開発を行う場合は、事前協議が必要となり、開発跡地についても緑化が必要な場合は、緑化についての協定を結ぶ必要があります。
 また、特に緑化が必要であると認められる土地については、「緑化推進地域」として指定し、みどりの復元を図ります。
 こうしたことによって県内のみどりの保全と開発地の緑化をスムーズに推進することができます。

メニュー

「土地開発行為を行おうとする皆さんへ」
みどり豊かでうるおいのある県土づくり条例と、土地開発に必要な手続きに関するリーフレットを、
ブラウザまたはPDFファイルでご覧いただけます。
「事前協議の手引き」

みどり豊かでうるおいのある県土づくり条例の事前協議制度を詳細に解説した冊子を、
PDFファイルでご覧いただけます。

事前協議制度及びみどりの保全協定の施行状況について

関連