香川の環境のトップページに戻ります  
本文へ

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
環境科学部門
大気・常時監視担当 〜青くすみきった空をたもつために〜

大気環境測定局を県下に配置し、大気の状況を自動測定機により監視しています。

大気汚染が著しく進むと、注意報等を発令し、地域住民に注意を呼びかけるとともに、大規模な工場に対して燃料使用の削減などを要請する対応を実施しています。

工場や自動車等から排出される大気汚染物質の分析を行い、環境基準等の達成状況の把握に努めるほか、工場・事業場等のばい煙発生施設から排出されるばい煙について分析を行っています。

空港周辺における航空機騒音、瀬戸大橋鉄道騒音及び主要道路における自動車騒音調査を実施しています。

地球環境問題である酸性雨やオゾン層の破壊の原因物質であるフロンガスを定期的にモニタリングしています。

排ガス測定(揮発性有機化合物) フロンガスのモニタリング 大気汚染常時監視システム中央監視局
排ガス測定(揮発性有機化合物) フロンガスのモニタリング 大気汚染常時監視システム中央監視局
無響室での騒音解析 排ガス立入調査  
無響室での騒音解析 排ガス立入調査