香川の環境のトップページに戻ります  
本文へ

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
環境科学部門
水質・自然環境担当 〜清い水を守り親しみのある水辺をつくるために〜

河川・海域・地下水などの公共用水域及び事業場排水についての水質監視調査並びに環境保全対策のための調査研究を行っています。

水道水や井戸水などの飲料水については、化学試験と細菌試験を行っています。

温泉法に基づく登録分析機関として、温泉成分の適否検査を行っています。

水質・土壌・底質などに含まれるダイオキシン類や農薬・残留性有機汚染物質やその他の未規制化学物質について調査研究を行っています。

自然環境では、希少野生動植物の保護のため、動植物の状況把握や遺伝子的解析を行うなど、絶滅危惧種の保護に努めています。

県境水中のフッ素分析 温泉成分検査の現地調査 ため池の水質調査
環境水中のフッ素分析 温泉成分検査の現地調査 ため池の水質調査