選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
香川の環境のトップページに戻ります  
本文へ

Listen to this page using ReadSpeaker
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > かがわエコオフィス計画実施結果(平成27年度)
報道発表資料

かがわエコオフィス計画実施結果(平成27年度)

発表日:2016年7月22日

 「かがわエコオフィス計画」最終年度である平成27年度の実績がまとまりましたのでお知らせします。
 温室効果ガスの排出量は、平成22年度比で▲9.3%となり、削減目標である▲9%を達成しました。

1 結果・点検・評価等

(1) 温室効果ガス排出状況(削減目標あり)

  22年度
(基準年)
23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 増減率
(22年度比)
27年度
目標
温室効果
ガス排出量(t-CO2)
58,349 55,702
(47,783)
53,661
(68,271)
54,084
(83,842)
54,253
(84,025)
52,922
(78,822)
▲9.3%
(+35.1%)
▲9%
  電気
使用量
(MWh)
106,151 100,779 97,011 97,173 98,537 96,897 ▲8.7%  
燃料
使用量
(t-CO2)
14,491 14,013 13,496 13,853 13,490 12,871 ▲11.2%

※この計画では、各年度と基準年度の温室効果ガス排出量を同条件で比較するため、基準年度の排出係数を算定に使用。(( )書の数値は、各年度の排出係数により算定したもの)

@電気使用量 22年度比▲8.7%
要因:空調の温度設定の徹底や執務室の1/4消灯などの節電の取組みに加え、デマンド監視装置の設置や天神前分庁舎のLED化等の高効率機器の導入など、ハード面の取組みによる。
A燃料使用量 22年度比▲11.2%
要因:さぬきこどもの国において、燃料を使用する吸収式冷温水機から高効率空冷式ヒートポンプチラーへ変更したことなどによる。

以上のことから、温室効果ガス排出量は、22年度比▲9.3%となった。

(2) その他の環境配慮の取組み(削減目標なし)

  22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 増減率
(22年度比)
上水使用量
(m3)
662,449 596,845 623,200 624,590 719,670 684,102 +3.3%
廃棄物排出量
(t)
1,756 2,136 1,581 1,706 1,709 1,464 ▲16.6%
用紙購入量
(千枚)
77,849 81,357 85,765 85,120 88,338 93,905 +20.6%
@上水使用量 22年度比+3.3%
要因:全庁的に節水意識が定着したものの、新中央病院における使用量の増加(手術や空調設備での使用量増など)等により、上水の使用量が増えたことによる。
A廃棄物排出量 22年度比▲16.6%
要因:資源ごみの分別が進んだことにより、可燃ごみの排出量が減少したものと考えられる。
B用紙購入量 22年度比+20.6%
要因:用紙使用量の削減に向けた方策を全庁的に周知し、取組みに努めたが、計画策定などにより増加したものと考えられる。
[担当]
平成28年7月22日
香川県環境森林部環境政策課 環境マネジメントグループ
担当:橋本、川東(内線2824)
電話:087-832-3213

関連リンク


style="border-top-width:2px;