香川の環境のトップページに戻ります  


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
香川県のアスベスト対策
アスベスト建材の豆知識

アスベストとは | 規制経過アスベスト建材の使用箇所アスベスト建材を使用している場合注意事項

■アスベストとは

アスベストは、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で、石綿(せきめん、いしわた)とも呼ばれています。石綿の種類には、クロシドライト(青石綿)、アモサイト(茶石綿)、クリソタイル(白石綿)、アクチノライト、アンソフィライト、レトモライトの6種類あります。熱に強い、摩擦に強い、切れにくい、酸やアルカリにも強いなど、丈夫で変化しにくいという特性があり、安価な工業材料であることから、耐火被覆材、スレート材、ブレーキライニングやブレーキパッド、防音材、断熱材、保温材などで使用されてきました。アスベストは、その繊維が極めて細いため、吸い込んで肺の中に入ると組織に刺さり、15〜40年の潜伏期間を経て、肺がん、悪性中皮腫(悪性の腫瘍)などの病気を引き起こすおそれがあります。

(ご注意)ロックウール
 アスベストと間違いやすいものに、ロックウール(岩綿)があります。ロックウールは吹付け材、断熱材等に広く使用され、繊維状・綿状で形状がアスベストに良く似ています。他にも間違えられやすい製品として、バーミキュライト(ひる石)、パーライト、グラスウールなどがあります。なお、ロックウールの吹付け材等にアスベストが含まれているものもあります。

 アスベストとロックウールの比較⇒ロックウール工業会 「ロックウールとアスベストの違い」(PDF)