香川の環境のトップページに戻ります  


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
アスベスト健康被害防止条例の制定

 平成17年12月20日に、「香川県アスベストによる健康被害の防止に関する条例」を制定・公布しました。(完全施行:平成18年2月1日)
 平成18年11月21日に、「香川県アスベストによる健康被害の防止に関する条例施行規則」を改正しました。
 平成26年3月25日に、「香川県アスベストによる健康被害の防止に関する条例」を改正しました。(平成26年6月1日施行)

■条例の概要
【アスベスト使用建物等の解体作業】
【アスベスト使用建物の管理】

「アスベスト吹付け材の調査・点検・措置マニュアル(ビル編)」はこちらから>>>(PDF:5.2MB)

【その他】

■施行規則の改正(平成18年11月21日改正)
 アスベスト関係法令の改正に伴い、これまでアスベスト含有物の範囲は、アスベストがその重量の1%を超えて含有するものとされていましたが、0.1%を超えて含有するものに拡大されました。条例においてもアスベスト含有物の範囲について法令との整合性を図るため、県規則も同様の改正を行いました。 このため多数の者が使用する建築物の所有者は、拡大されたアスベスト含有物の吹付け材の使用状況について平成19年9月30日まで届け出る必要があります。なお、改正前の届出については、従来どおり期限は平成18年9月30日までであり、未届出や虚偽の届出については勧告・公表の対象となります。

■条例及び条例施行規則(最終改正:平成18年11月21日)[PDFファイル]

■条例届出様式

※大気汚染防止法に基づく特定粉じん(アスベスト)排出等作業実施届出書