金刀比羅宮文化ゾーン

実物鑑賞が可能な円山応挙作品の中で最大の空間である表書院、日本洋画の先駆者・高橋由一の油絵を展示する高橋由一館、宝物館の3施設がある。資生堂パーラーがプロデュースする新茶所「神椿」も見どころ。

  • 観覧料/各施設一般800円、高校・大学生400円、中学生以下無料 スタンプ割引各2割
    ※特別公開の観覧料は異なる
  • 休館日/無休(展示替えのための臨時休館有り)
  • 開館時間/8時30分−17時(入館は16時30分まで)

香川県仲多度郡琴平町892-1 TEL 0877-75-2121
URL http://www.konpira.or.jp

展覧会イベントスケジュール

表書院

表書院(常設展)

表書院は入母屋作・桧皮葺で、万治年間(1658〜1660)の創建。円山応挙や邨田丹陵、森寛斎が描いた障壁画があり、建物、及び応挙の障壁画は重要文化財に指定されている。

観覧料/一般800円、大学・高校生400円、中学生以下無料
高橋由一館

高橋由一館(常設展)

日本近代洋画の祖、高橋由一の油絵27点を展示している。由一は油絵の普及のため人々に馴染みのある日常の生活用品・道具を題材にし、特に静止画は由一によって画題として定着したといわれている。展示作品は明治12年、由一の後援者である琴陵宥常宮司が購入したもの。

観覧料/一般800円、大学・高校生400円、中学生以下無料
宝物館

宝物館 『こんぴらさんの“おたから”』展

香川県産の花崗石造の二階建てで、屋根は瓦葺・入母屋造、玄関は銅葺・唐破風造。
宝物館では4月1日〜6月30日まで、金刀比羅宮へ納められた宝物類の中でも、文化財として有名な作品を集めた『こんぴらさんの“おたから”』展を開催する。

観覧料/一般800円、大学・高校生400円、中学生以下無料

カフェ & レストラン カフェ、レストラン一覧

新茶所「神椿」

美術家・田窪恭治がデザインを手がけ、2007年11月に新しくオープン。椿をモチーフにした巨大な壁画を有する美術作品でもある。地下1階がカフェ、地下2階が予約制のレストランで、ともに「資生堂パーラー」がプロデュース。

TEL 0877-73-0202

MAP

香川県仲多度郡琴平町892-1
JR琴平駅、ことでん琴平駅から徒歩30分