ミュージアムカフェ & レストラン

金刀比羅宮文化ゾーン

新茶所「神椿」

美術家・田窪恭治がデザインを手がけ、2007年11月にオープン。
椿をモチーフにした巨大な壁画を有する美術作品でもある。
地下1階がカフェ、地下2階が予約制のレストランで、ともに「資生堂パーラー」がプロデュース。

TEL 0877-73-0202

ベネッセハウスミュージアム

ミュージアムレストラン 日本料理 一扇、ミュージアムカフェ

美術館の地下1階には季節感あふれるメニューを味わうことができるレストランがあり、作品を眺めながらゆったりと食事ができる。
また、2階南側には穏やかな瀬戸内海の風景が一望できるカフェがある。(レストラン、カフェのみの利用 不可)

地中美術館

地中カフェ

地中にあるこの美術館の中で、カフェに足を踏み入れると突然、眼下に瀬戸内海の景色が広がる。
フェリーがゆっくりと進むのを眺めると、時間がたつのを忘れてしまう。
天気の良いに日は、テラス席に出ることもできる。(カフェのみの利用不可)

TEL 087-892-2558

豊島美術館

豊島美術館カフェ

建築家・西沢立衛が空間をデザインした豊島美術館に隣接するカフェ&ショップスペース。
カフェでは豊島産のお米を使用した軽食や、豊島産のフルーツを使用したドリンク等を提供する。
ショップスペースでは、豊島美術館に関連した書籍やオリジナルグッズのほか、収穫時期には豊島産の食品も販売。

TEL 0879-68-3555

香川県立ミュージアム

カフェ・ポット ミュゼ

高松城の復元した石垣の上に立つカフェ。堀に面して大きくとった窓が明るい雰囲気をつくっている。
ミュージアムを堪能した後のくつろぎの空間にうってつけ。
日替わりのランチのほか、「抹茶セット」は人気の一品。

TEL 087-821-0353

香川県立東山魁夷せとうち美術館

なぎさ

海側に大きく視界が開け、東山の祖父の故郷である櫃石島と雄大な瀬戸大橋が目の前に見える最高のロケーション。
美術館オリジナルの和菓子「あまも」がいただける。

TEL 0877-44-1333(代)

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

カフェレストMIMOCA

東京のデザインオフィス「ブルーマーク」が、高松のフレンチレストラン「五風十雨」とともに手がけるカフェ。
猪熊と親交が深かったイサム・ノグチや剣持勇がデザインした家具が配された空間がぜいたく。

TEL 0877-22-2340

四国村(四国民家博物館)

Tea room 異人館

明治38年(1905)にイギリス人のウィリアム・ダウン夫妻(妻は日本人のワサ・ダウン)の住居として 建てられた洋館を移築したもので、1Fがカフェとなっている。お茶を飲みながら、アンティークな室内 での優雅なひと時が楽しめる。

TEL 087-843-3114