香川県医師育成キャリア支援プログラム 専門医および総合医の育成を目的とした研修プログラム。
対象:若手医師、Uターン・Iターンの医師、子育て後の女性医師等
詳しくは、>>


総合医コース

研修の特徴・目標

  1. 総合医は専門医です。総合的な診療能力という専門性の獲得を目指します。臓器や患者の年齢などにかかわらず、幅広い分野のプライマリ・ケアや二次医療に対応できる知識、技量を持つ医師を目指します。
  2. 幅広い分野の知識(総合内科、救急、各診療科の基本手技、在宅医療、地域包括ケア等)とともに、得意分野を持ちます。
  3. 総合医、プライマリ・ケアの専門医を目指します。また、希望する研修、資格の取得をできるかぎり支援します。
  4. 年2回程度、指導医師連絡会や研修医報告会を開催し、それぞれの研修医の状況や今後の希望を踏まえた研修内容の検討を行うとともに、指導医師対象の講習会を実施し、指導医師の質の確保・向上を図り、魅力的な研修プログラムを提供します。
  5. 関連学会及びセミナーの参加、論文発表等の学術活動が可能です。
  6. 今まで専門医として仕事してきた方が転向する場合、その専門性を活かして仕事をすることが可能です。

ローテーション例

内科中心の研修 香川大学医学部附属病院、県立中央病院、高松市民病院、高松赤十字病院、香川県済生会病院、社保栗林病院、KKR高松病院、高松平和病院、県立白鳥病院、さぬき市民病院、香川労災病院、坂出市立病院、回生病院、四国こどもとおとなの医療センター、滝宮総合病院、三豊総合病院
地域医療 内海病院、土庄中央病院、塩江分院、香川診療所、陶病院、永康病院、直島町立診療所、綾上診療所、財田診療所、造田・美合診療所
自由研修 香川大学医学部附属病院を含めた県内医療機関および総合医養成に関わる県外医療機関

※「内科中心の研修」及び「地域医療」では、以下のことを中心に研修します。
・外来初期診療における頻度の高い症状と疾患を数多く経験できます。
・内科を中心に、総合医に必要な整形外科、小児科、精神科、救急等の各科にわたるプライマリ
・ケアの知識・技術の取得を目指します。
・病院では、入院患者の診療も行います。
・在宅医療や往診を経験し、患者の生活を考えた医療や他職種との連携を学びます。
・疾病予防のための健康教室や健康相談など地域の保健活動を経験します。
・医療・福祉・介護・保健等の幅広い知識の獲得と地域住民とのコミュニケーション能力の獲得を目指します。
※「地域医療」で、診療所に1年単位で勤務することが難しい場合には、指導医がいる診療所において、週1〜2回程度代診する形で、地域の診療所を経験することも可能です。
※研修内容は、香川県地域医療支援センターの支援のもと、本コース参加者と研修医療機関との話し合いで決定します。また、定期的に本コース参加医療機関指導医と研修参加者の研修会を開催し、研修の振り返りと研修内容の充実を図ります。

リフレッシュコース(専門医からの転向者、U・・ターン医師)

総合医研修の支援体制

研修病院での指導体制のほか、香川県内の中核医療機関が連携して、研修のサポートや参加者と病院との調整など、研修を支援、コーディネートします。

氏名 所属
舛形  尚 香川大学医学部教授
松原 修司 香川大学医学部附属病院地域医療教育支援センター長
川田 洋一 香川県立中央病院へき地医療支援センター部長
森  由弘 KKR高松病院診療部長
田岡 輝久 坂出市立病院副院長
大原 昌樹 綾川町国民健康保険陶病院長
中津 守人 三豊総合病院内科主任部長兼地域医療部長
南木 伸基 さぬき市民病院呼吸器内科部長
佐藤 清人 小豆島中央病院企業団企業長

研修奨励補助

研修に参加した医師に対して、香川県が研修奨励金を補助します。