使い方(別窓)
  1. TOP
  2. 東山画伯の紹介

東山画伯の紹介

  • プロフィールはこちらをクリック
  • 東山画伯物語はこちらをクリック
  • 少年期はこちらをクリック
  • 青年期はこちらをクリック
  • 実年期はこちらをクリック

東山魁夷プロフィール

大正2年父
浩介と兄国三と共に
(中央:東山魁夷)
大正10年 中学1年生
昭和9年
スイス、モンブランを望む
留学時代
「光昏」の大下図を制作
昭和31年
日本芸術院賞授賞式
昭和50年
パリのチュイルリー公園で
椅子との対話
唐招提寺障壁画
「山雲」制作中
昭和51年
桂林にてスケッチ
東山魁夷略年表
1908年
(明治41)
7月8日、船具商を営む東山浩介と妻くにの次男として横浜に生まれる。本名を新吉と称し、幼いころから絵を好んで描き、早くもその才能が開花し始める。
1921年
(大正10)
13歳
兵庫県立第二神戸中学校(現・兵庫高等学校)に入学。中学の恩師からの勧めがきっかけで画家になることを決意する。
1926年
(大正15/昭和1)
18歳
東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科に入学。夏、信州を旅し、山国の雄大な自然に強い感銘をうける。
1931年
(昭和6)
23歳
3月、東京美術学校日本画科を卒業。引き続き研究科に進み、結城素明に師事して「魁夷」を雅号とする。
1933年
(昭和8)
25歳
東京美術学校研究科を修了。八月、渡欧の途につく。10月、ベルリンに到着。ベルリン大学外国人語学部でドイツ語を学ぶかたわら、足繁く美術館に通う。
1935年
(昭和10)
27歳
9月、父の病気の報に、残り1年の留学期間を断念して帰国。
1940年
(昭和15)
32歳
11月川崎小虎の長女すみと結婚する。
1947年
(昭和22)
39歳
10月、第3回日展に《残照》を出品、特選を受賞。この作品によって、以後、風景画家として立つことを決意。
1950年
(昭和25年)
42歳
5月、はじめて日展で審査員を委嘱される。10月、第6回日展に《道》を出品、好評を得る。
1956年
(昭和31)
48歳
5月、前年の第11回日展に出品した《光昏》によって日本芸術院賞を受賞する。
10月、第12回日展に《松庭》を出品。
1959年
(昭和34)
51歳
11月、第2回新日展に魁夷の祖父が生まれ育った櫃石島を描いた《暮潮》を出品。
1960年
(昭和35)
52歳
4月、宮内庁から依頼されていた東宮御所の壁画《日月四季図》が完成。
1962年
(昭和37)
54歳
4月17月、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドを写生旅行。
1965年
(昭和40)
57歳
1月、日本芸術院会員に任命される。3月、日展理事に就任。
1968年
(昭和43)
60歳
4月、新宮殿壁画《朝明けの潮》が完成。
1969年
(昭和44)
61歳
1月、《朝明けの潮》の制作および前年の「東山魁夷展京洛四季展」によって毎日芸術大賞を受賞。4月から9月にかけて夫妻でドイツ、オーストリアの古都を巡る。11月、文化勲章を受章、あわせて文化功労者に選ばれる。
1973年
(昭和48)
65歳
8月、香川県文化会館にて瀬戸内美術館連絡協議会結成 第1回事業 東山魁夷展を開催、北欧風景、京洛四季、ドイツ・オーストリアの旅、白い馬の見える風景の4つのテーマによる150点余を出品。
1974年
(昭和49)
66歳
3月、日展理事長に就任。(〜1975年)
1975年
(昭和50)
67歳
5月、唐招提寺御影堂の第一期障壁画《山雲》《濤声》が完成、6月3日に奉納される。
1980年
(昭和55)
72歳
2月、第2期障壁画の三題《黄山暁雲》《揚州薫風》《桂林月宵》が完成、6月に唐招提寺に奉納する。
1981年
(昭和56)
73歳
11月、唐招提寺鑑真和上像厨子絵《瑞光》を奉納。
1998年
(平成10)
11月、第30回日展に《月光》を出品、最後の日展出品作となる。
1999年
(平成11)
5月6日、老衰のため逝去。奇しくも鑑真和上と同じ命日であった。
従三位、勲一等瑞宝章を贈られる。
2004年
(平成16)
1月より横浜美術館、兵庫県立美術館で「東山魁夷展−ひとすじの道―」を開催。
2005年
(平成17)
4月、香川県立東山魁夷せとうち美術館が開館。

『東山魁夷 自然のなかの喜び』(講談社刊)