使い方(別窓)
  1. TOP
  2. こどもページ

こどもページ

  • かいいさんってだあれ?
  • かいがとあそぼ♪
  • びじゅつかんはどこ?
東山魁夷さんについて説明しているよ

東山魁夷さんってだあれ?

東山魁夷さんは、「日本画」という種類の絵を描く絵描きさんなんだよ。魁夷さんのおじいさんは香川県の坂出市櫃石島で生まれたんだ。地図にマウスをあわせてみてね!
もっと魁夷さんのことがわかるよ。日本画についてはこちらをクリック
日本地図のイラスト ひついしじま:香川県坂出市にある櫃石島は、おじいさんの生まれた島。おじいさんは生まれる前に亡くなっていますが、瀬戸内の海は魁夷さんにとって心のふるさとでした。 こうべ:神戸は子供の頃に住んでいた所。美しい浜辺と緑のあふれる山がすぐ近くにあって、新吉少年はその自然が大好きでした。 せとおおはし:瀬戸内の海と太陽の光にとけこんだ、この瀬戸大橋のライトグレー色は、魁夷さんが考えていた色でした。 ながのけん:東京美術学校で絵の勉強をしていた頃、長野県の御岳山に登りました。初めて登った大きな山で、今まで出会ったことのない自然の大きさ、力強さに驚き、勇気づけられました。その後、何度も山々を歩き、いくつもの絵を描いています。写真は東京美術学校の学生の頃だよ。 よこはま:魁夷さんの生まれたところだよ。1908年(明治41年)7月8日に横浜に生まれました。名前は新吉。家は、世界の海を旅する外国船が行き来する大きな港の近くの海岸通にありました。 いちかわのじたく:千葉県の市川には自宅があったよ。戦争が終わって、妻のすみさんとここでずっと暮らし、絵を描きつづけていました。すみさんと一緒の写真だよ。
ここに説明が表示されます。
東山魁夷の写真