本文へ
香川の環境
 
  住民の取組みトップへ戻る
▲トップへ戻る
・サイトの趣旨
・プランの紹介
・プランの進捗状況
・ハード事業
・溶融飛灰再資源化施設
・有価金属リサイクル施設
・県中間処理施設(関連施設)
・ソフト事業
・直島町の取組み
・住民の取組み

・企業の取組み

・エコアイランドなおしま推進委員会の取組み

・県の取組み
・直島を訪れる方へ
・全国エコタウン情報
・豊島問題について
・香川の環境
・リンク集
 

共創の森づくりin荒神島(こうじんじま)

平成10年の山火事で緑が失われた、直島町沖合いの無人島「荒神島(こうじんじま)」で、平成14年春、約500人のボランティアがクロマツなどの苗木を植樹しました。

直島町、どんぐり銀行、県の三者による「共創の森づくりin荒神島(こうじんじま)」と銘打った初の植樹イベントで、当初予定した2.5倍のボランティアが集まりました。

ボランティアの皆さんは、黒くこげた枯れ木の残る島の東側斜面約1ヘクタールにスコップやくわで穴を掘り、クロマツ、ウバメガシ、ヤマモモ、オオシマヤマザクラなど6種類、約2600本の苗木を植えつけました。今後、毎年1ヘクタールずつ5年計画で植樹し、緑の島の再生をしていきます。

(参考)
 平成14年4月14日に植栽した樹種
 ●クロマツ・・・・・・・・500本
 ●ウバメガシ・・・・・・・500本
 ●オオシマザクラ・・・・・500本
 ●ヤマモモ・・・・・・・・500本
 ●クスノキ・・・・・・・・300本
 ●ヤマツツジ・・・・・・・300本
          合計2,600本
 
植樹前の荒神島(こうじんじま)   植樹の様子