エコアイランドなおしま
 
  委員会の取組みトップへ戻る 環境シンポジウムトップへ戻る
▲トップへ戻る
・サイトの趣旨
・プランの紹介
・プランの進捗状況
・ハード事業
・溶融飛灰再資源化施設
・有価金属リサイクル施設
・県中間処理施設(関連施設)
・ソフト事業
・直島町の取組み
・住民の取組み

・企業の取組み

・エコアイランドなおしま推進委員会の取組み

・県の取組み
・直島を訪れる方へ
・全国エコタウン情報
・豊島問題について
・香川の環境
・リンク集
 

環境シンポジウム・ステージアトラクション

14:25〜15:00
人形劇「お宝森の鬼丸」


環境破壊が進む今、地球の未来を守る子どもたちへ贈る、
メッセージ・ファンタジー!


 

あらすじ
先祖代々、「お宝森」を守ってきた源さんは「鬼丸」と会い友達になります。
村に高速道路が通る計画を知った女房の巴が、森を売ろうと言い出します。
 森の動物達を思う鬼丸は、森を売らないよう頼みます。
「お金」があれば売らなくてすむと言う源さんに応え、鬼丸は森にある松茸や金塊を源さんに渡します。
欲の出た源さんと巴は、鬼丸の留守に訪れ、誤って鬼丸の「生命維持装置」を壊してしまいます。
紫外線で傷ついた鬼丸は、地球の空には穴が開いていることを伝えます。そして「ぼくは、青く輝いていた地球が大好きです。今あの穴を埋めないと、森は死んでしまい、地球は灰色のくすんだ星になってしまう…」と言い残し、鬼丸は力尽きてしまいます。
源さんは、鬼丸が遠い星から地球を救うために来たことを知り、人間の驕りに気が付いたのでした。そして、源さんは巴とともに森のみんな、地球のみんなに誓うのです。「この地球は、ずっと先に生まれてくる人達、子供達から貸してもらってるんだ!借りてるものはきれいに使おう」と…。
 
・開会式 >>>
・基調講演>>>
・ステージアトラクション >>>
・パネルディスカッション >>>
<ホワイエ>
・エコアイランドなおしまパネル展 >>>