エコアイランドなおしま推進委員会議事録

 

日 時           平成16年12月21日(火)14:00〜15:00

場 所           直島町役場 2階 大会議室

出席委員       15名

直島町連合自治会 会長 中野 善正

直島町商工会 副会長 (代理)佐義 達雄

直島町婦人会 会長 堺谷 敏子

直島漁業協同組合 第1理事 (代理)岡田 英二

直島町老人クラブ連合会 会長 中村 政太郎

三菱マテリアル樺シ島製錬所 所長 武藤 達家

直島町女性フォーラムはなみずき 会長 宮本 澄子

石堂 孝一

直島町文化協会 会長 松田 武重

直島町観光協会 事務局長 奥田 俊彦

直島町緑化推進協議会 会長 菅原 祥

直島町 町長 M田 孝夫

直島町農業委員会 会長 山口 剛

香川県 環境森林部長 山本 伸二

直島町教育委員会 教育委員長 福岡 皎二

       

次第1及び次第2 開会及び会長挨拶

(開会の挨拶)           

当推進委員会は、今年の6月以来、半年ぶりの開催となった。今年を振り返れば、台風により多大な災害を被り、町民も大変苦労をした。そういった中でも「うぃ・らぶ・なおしま」住民グループの活動が積極的に行なわれ、一定の成果を得たことは喜ばしい。県に対しても、直島の活性化に努めるという約束事に則り、なお一層の支援をお願いし、担当等が変わったとしても、それが後退しないこと強く働きかけていく。

 

次第3 議題

会長が議長となり、議事進行を行った。

○議事録署名人について

議長が直島町農業委員会会長の山口委員、直島町教育委員会委員長の福岡委員の2名を指名した。

 

     議題(1)平成16年度活動計画の進捗状況について

事務局から資料に基づき説明を行った。

 

     議題(2)平成17年度の取組み方向について

 

(福岡委員質疑)今年の夏休み、環境学習を目的に2つの学校が(250人、150人)で来島する予定であったが、人数が多く、受入不足ということでキャンセルされた。多人数でも受け入れられる体制をつくって欲しい。

(観光協会回答)その際には、輸送に難があり断った。直島の特発バスは45人乗りと28人乗りの2台しかない。

 

(石堂委員)(電動アシストサイクルに関連して)直島ではみんなが車を使いすぎる。環境のために自動車を使わないようにしょうと提案したい。町営バスを利用したり、電動サイクルを購入してもらい利用することで車の代替をする。まず行政から車に乗らないようにしょうと実践されたい。

(町長回答)島内の若い人から文句が出るかもしれない。しかしまず役場内で検討したい。

 

(堺谷委員)スラグ入り植木鉢に入れる肥料(直島エコグリーン)の臭いがきつい。生ゴミを捨てるとタヌキがすぐに寄ってくるのだが、今回の肥料をまくと、またタヌキが寄って来るのではないか。

(東原補佐回答)肥料に同封している説明書にも書かれているが、使い方としてはスプーン一杯程度を施肥し、その上から土をかぶせてやると、臭いは和らぐと思われる。また漁協において臭いが少なくなるような肥料の改良をしている。

 

(奥田委員)学生を乗せたバスが、島内の見学を目的にフェリーに乗船する場合、バス自体の学生割引があればもっと学生の来島が増えると思われる。四国汽船に申し入れをして欲しい。

(町長回答)そのようにしたい。

 

     議題(3)その他について

 事務局から、11月7日開催のエコライフ環境フェスタでの展示状況、11月17〜19日開催の廃棄物学会の市民展示にての展示状況、エコツアー総覧への登録について報告をした。

 

次第4 閉会

 司会者が以上で本日の議事が終了したことを述べ、午後3時に閉会した。

 

以上の議事を明らかにするため、議長及び議事録署名人が署名する。