定例会 閉会中の委員会活動 今月の表紙 お知らせ

トップ>2月定例会の概要



平成28年度一般会計予算案を可決

 2月定例県議会は2月19日に招集され、3月22日までの33日間にわたり開かれました。
 開会後、平成28年度香川県一般会計予算案や各種条例案など56議案が提出されました。
 平成28年度の予算編成について、知事からは、「現下の地域経済の動向を踏まえるとともに、『新・せとうち田園都市創造計画』に掲げる本県の将来の発展に資する施策に限られた財源を重点的に配分し、昨年11月に策定した『財政運営指針』に沿って、施策の選択と集中の徹底など財政健全化に向けた取り組みを行い、財政規律の確保に意を用いながら編成作業に取り組んだ」との説明がありました。
本会議の様子
 続いて、国の経済対策等に伴う平成27年度一般会計補正予算案など6議案を先に審議することを決め、当日可決しました。
 3月14日には、事業執行等に伴う平成27年度香川県一般会計補正予算案などの8議案が追加上程されました。
 最終日には、人事案件2議案が追加上程された後、各常任委員会の審査結果報告が行われ、採決の結果、知事提出60議案すべてが原案通り可決・同意されました。
 その後、議員から提出された条例案1件及び意見書案1件を可決し、今定例会に付議されたすべての案件の審議を終了しました。
●平成27年度香川県一般会計補正予算
(2月19日提出分)
国の経済対策等に伴う総額50億円余の増額補正。
(3月14日提出分)
事業執行等に伴う総額136億円余の減額補正。

●消費生活センターの組織及び運営等に関する条例
消費者安全法の一部改正に伴い、消費生活センターの組織及び運営に関する事項等を定めるもの。

●香川県立学校条例の一部を改正する条例
生徒数の継続的な減少や社会情勢の変化に的確に対応するため、小豆島高等学校及び土庄高等学校の再編整備並びに観音寺中央高等学校及び三豊工業高等学校の再編整備を行うもの。

●香川県使用料、手数料条例の一部を改正する条例
県民負担の適正化及び公平化を図るため、当該収入を充てて執行する事務に要する経費並びに国及び他県における同種又は類似の料金との均衡を保つ観点から、現行の使用料及び手数料を見直すもの。 

●香川県広域水道事業体設立準備協議会規約の一部変更について
香川県広域水道事業体設立準備協議会に坂出市及び善通寺市が加入することに伴い、香川県広域水道事業体設立準備協議会規約の一部を変更するもの。

■代表質問 ■一般質問
■議員提出議案 ■常任委員会だより

戻る