ほっと県議会 県民と議会を結ぶ『かがわ』
香川県議会:香川県高松市番町四丁目1番10号
定例会   閉会中の委員会活動   今月の表紙   お知らせ
トップ>お知らせ
お知らせ
 香川県議会議員高田良徳氏(社会民主党・県民連合)が、平成26年12月14日執行の衆議院議員総選挙に立候補したことに伴い、公職選挙法第90条の規定により香川県議会議員を辞したものとみなされ、1名の欠員が生じました。
 これに伴い香川県議会の会派構成は、次のとおりになりました。
(平成26年12月3日現在)
報告 決算行政評価特別委員会[ 10月17日・20日・24日/
 11月4日・5日・7日/12月18日]
 平成25年度歳入歳出決算(一般会計、特別会計、公営企業会計)を審査するため設置した決算行政評価特別委員会で次のとおり審査し、11月定例会で認定しました。
 平成25年度の一般会計の決算は、歳入が4,488億円余、歳出が4,368億円余で、歳入、歳出ともに前年度の決算額を上回っています。翌年度に繰り越すべき財源を除いた実質収支は62億円余の黒字ですが、単年度収支は8億円余の赤字となっています。
 特別会計は、全体で18億円余の黒字となっています。
 公営企業会計の純損益は、県立病院事業会計は中央病院の移転に伴う特別損失が大幅に増加したことから、33億7千万円余の赤字、水道用水供給事業会計は、
3億8千万円余の黒字、工業用水道事業会計は、2億6千万円余の黒字、五色台水道事業会計は、370万円余の黒字となっています。
 健全化判断比率は、財政の早期健全化を図るべき基準値を、いずれも下回っています。
 政策部関係では、情報システム最適化の取り組み、総務部関係では、私学助成の現状と今後のあり方、環境森林部関係では、公共施設での県産木材の利用促進策、健康福祉部及び病院事業関係では、K-MIXの成果と今後のあり方、県立中央病院における看護師不足の現状と対策、商工労働部関係では、希少糖事業の今後の展開、農政水産部関係では、農業の6次産業化の現状と今後の取り組み、土木部関係では、建設業の技術者確保対策、教育委員会関係では、少人数学級の効果、公安委員会関係では、本県の治安情勢、水道事業関係では、水道施設の更新・耐震化など、また、総括としては、行政評価基準における指標の見直しなど、県政全般にわたり審査しました。
インターネット中継実施中!
 会期中(定例会・臨時会)の本会議及び常任委員会、閉会中の委員会(常任委員会・特別委員会)の審議の模様をインターネットで見ることができます。
★詳しくは、県議会のホームページをご覧ください。

ホームページアドレス:http://www.pref.kagawa.lg.jp/gikai/

[ 戻る ]