県議会だより

平成14年2月 閉会中の委員会活動

常任委員会

総務委員会(13日)

調査案件
私学振興、ボランティア活動の推進、交通マナーの向上、エコタウンプラン

 総務部長、生活環境部長、環境局長および警察本部長から、調査案件について説明を受けた後、審査しました。
 まず、生徒数の減少に伴う、今後の私立学校に対する公的助成制度について質問しました。
 次に、NPO法人の活動状況の周知についての取り組みやNPO法人への税制上の支援策について質問しました。
 また、交差点における交通マナーの向上に向けた具体的な取り組みについて質問しました。
 このほか、エコタウン事業の地域活性化に与える効果とそのノウハウを生かした県全体の今後の取り組み、廃棄物の監視、藤井学園の改善策の履行状況なども質問しました。



企画建設委員会(6日)

調査案件
水資源対策、道路・都市計画・下水道行政

 企画部長、土木部長から、調査案件について説明を受けた後、審査しました。
 まず、現在改定作業が進められている「香川県総合水資源対策大綱」の具体的な検討内容について質問しました。
 次に、県土軸ネットワーク整備計画策定の考え方、現在の状況、今後のスケジュールについて質問しました。
 また、下水道の普及率が全国平均をかなり下回っていることから、普及率向上のための取り組みについて質問しました。
 このほか、屋外広告物の規制、香川用水緊急改築事業の進ちょく状況なども質問しました。



文教厚生委員会(6日)

調査案件
香川の医療体制、 文化財の保存と活用

 健康福祉部長、教育長から、調査案件について説明を受けた後、審査しました。
 まず、ITを活用した遠隔医療ネットワークシステムの導入効果、普及の拡大に向けた今後の対応について質問しました。
 次に、個人所有の建造物などを登録有形文化財に登録した場合のメリット、保存する上での補助金制度について質問しました。
 このほか、院内感染防止対策、医師不足への対応、予防医学対策、歴史的建造物の保存と活用、民俗文化財への支援、教育や観光資源としての文化財の活用なども質問しました。



経済委員会(6日)

調査案件
商業振興、農業生産基盤と農村生活環境の整備

 商工労働部長、農林水産部長から、調査案件について説明を受けた後、審査しました。
 まず、近年、中心市街地における商業の衰退や空洞化が深刻な問題となっていることから、中心市街地商業の具体的活性化対策について質問しました。
 次に、農村地域における生活排水が、ため池や小川に深刻な水質汚濁を及ぼしていることから、農業集落排水事業への取り組みについて質問しました。
 このほか、県内の大規模小売店舗の立地状況や商店街の駐車場のあり方、老朽ため池の整備状況やほ場整備の推進なども質問しました。


特別委員会

行財政改革推進特別委員会(18日)

 総務部長から、平成14年度 の香川県行政改革実施計画(案)、新行政改革大綱の実施状況と成果、本庁の組織改正案の概要、 香川県の財務諸表について説明を受けた後、行財政改革の推進について審査しました。
 行財政改革へのメリハリのついた取り組みや、市町への権限委譲および国からの権限委譲、職場の活性化や公務員倫理の徹底など職員の意識改革の推進、財政改革への取り組みなどについて質問しました。
 このほか、アウトソーシングの推進および市町合併への取り組み、道路公社等外郭団体の業務の見直し、公共事業の再評価のあり方、職員の定数管理の適正化なども質問しました。