県議会だより

平成13年5月 香川県議会臨時会

綾田議長・増田副議長を選出
=各委員会の新委員も決まる=


 香川県議会は、5月1日、臨時会を開きました。まず、真部善美議員の資格決定の件について、採決が行われ、地方自治法の失職規定に該当しないことを賛成多数で可決しました。
 続いて、正副議長の辞職に伴う選挙を行い、議長に綾田福雄議員(自民党議員会、香川郡選挙区)、副議長に増田稔議員(自民党議員会、三豊郡第1選挙区)を選出するとともに、議会運営、各常任・特別委員会の委員と正副委員長を決めました。最後に、知事から提出された議案4件を承認・同意して、閉会しました。



綾田 議長
  就任あいさつ

綾田議長  このたび、議員皆さまのご推挙により、21世紀最初の年の議長に就任することになりました。
 今、地方の時代を迎え、県民の意識も大きく変わってきています。
 こうした時代において議会の果たすべき役割も今まで以上に大きいものがあり、「明るく、元気な県議会」を目指していきたいと思います。
 県民の皆さまとともに、香川の明日のために頑張ってまいります。
 関係の方々の温かいご理解とご支援をお願い申し上げまして、就任のごあいさつといたします。

<略歴>
 香川郡香南町出身。愛知学院大学法学部卒業。昭和59年5月県議初当選。以来連続五回当選。
 この間、文教厚生、土木、総務各常任委員長、国民体育大会推進特別委員長、都市開発整備対策特別委員長、理工系高等教育機関整備促進特別委員長、決算特別委員長を歴任。平成10年5月から平成11年4月まで副議長を務めた。54歳。



増田 副議長
  就任あいさつ

増田副議長  このたび、議員皆さまのご推挙により、伝統ある香川県議会の副議長に就任することになり、身に余る名誉であると同時に、その重責を痛感しています。
 記念すべき21世紀のスタートに当たり、非力ではありますが、綾田議長を補佐し、県政の発展と県議会の円滑な運営に努力したいと思います。
 皆さまのなお一層のご協力、ご支援、ご指導を心からお願い申し上げ、就任のごあいさつといたします。

<略歴>
 三豊郡高瀬町出身。笠田高等学校卒業。昭和62年4月県議初当選。以来連続四回当選。
 この間、経済、文教厚生、土木、総務各常任委員長、都市開発整備対策特別委員長、監査委員を歴任。57歳。



常任委員会

議会運営委員会

特別委員会

香川県監査委員会(議会選出)


閉会中の継続調査案件

◆総務委員会 私学振興、ボランティア活動の推進、交通マナーの向上
◆企画建設委員会 水資源対策、道路・都市計画・下水道行政
◆文教厚生委員会 文化財の保存と活用、香川の医療体制
◆経済委員会 商業振興、農業生産基盤と農村生活環境の整備


議 会 会 派
(5月1日現在)
自由民主党香川県議会議員会 31名
社会民主党・県民連合 5名
改新議員会 4名
日本共産党県会議員団 1名
女性を議会に!みんなと政治をつなぐ会 1名
民主党議員会 1名
政治に参加する会 1名