県議会だより

平成11年12月 香川県議会定例会

一般会計補正予算議案など33議案を可決
=意見書案2件も=


 12月香川県議会定例会は、12月1日から17日までの17日間開かれ、知事提出の一般会計補正予算議案や香川県事務処理の特例に関する条例議案など33件と、議員提出の意見書案2件を可決し、継続審査中の平成10年度企業会計決算認定議案4件を認定しました。また、平成10年度一般会計決算認定議案など2件を継続審査にしました。



代表質問(12月6日)

栗田 隆義議員(自民党議員会)

平成12年度の予算編成
 12年度の予算編成に当たり、どのような取り組み姿勢で臨むのか、所見を伺いたい。

栗田 隆義議員(自民党議員会) 知事 12年度の予算編成に当たっては、事務評価システムの活用による事務事業の見直しや経費の節減合理化をよりいっそう徹底し、このことにより生み出された財源を、将来の県勢発展の基盤形成と県民福祉の向上に資する重要な施策や事業へ重点的に配分したい。国の地方財政措置を十分踏まえ、県政は県民のためにあるという原点に立ちながら、魅力と活力に満ちた郷土香川の創造に向け、創意と工夫を凝らしつつ、重点的かつ効果的な予算編成に努めたい。

公文書公開条例の改正
 今後の公文書公開条例の改正と施行時期につき、所見を伺いたい。

知事 先般、香川県情報公開制度検討懇談会から、公文書公開条例を改正するに当たっての基本的な考え方につき、ご提言をいただいた。この提言は、公文書公開条例の12年余にわたる運用実績や平成11年5月に制定された国の情報公開法を踏まえたものであり、これからの香川県の情報公開制度の基本的な在り方を示すものであることから、この提言を十分尊重して、改正条例案をとりまとめ、12年の2月議会に提案したい。施行時期は、できるだけ早い時期に実施できるよう努めたい。

新総合計画の策定
 新総合計画策定につき、新しい時代での香川づくりの基本方向を伺いたい。

第1回香川県新総合計画協議会
第1回香川県新総合計画協議会
知事 新しい時代での香川づくりを進めていくためには、やすらぎとにぎわいを同時に享受できるという県の利点を生かしながら、人と自然の共生をめざすとともに、資源循環型の持続的発展が可能な社会をつくることが必要である。また、県民だれもが共助の心を持ち、その個性や能力を生かし、ささえあい助け合いながら、互いが幸せを実感できる社会をつくらなければならない。さらに、質の高い生活スタイルの実現やそれを支える産業づくりなどを進め、香川県を四国発展のための先導的地域としていく必要がある。

豊島問題
 直島町で豊島の廃棄物などを処理することが、県民にどのようなメリットになると考えているのか、所見を伺いたい。

知事 直島町で豊島廃棄物などの中間処理を行うことにより、豊島廃棄物などの処理終了後も施設を有効に活用できるとともに、中間処理技術や副成物の再利用技術のいっそうの開発・発展が図られ、さらに、この施設整備を契機として、香川県で、循環型社会の実現に向けた、新しく総合的な資源化・リサイクルの先進的な環境産業の展開が期待される。

高齢者対策
 介護予防や生活支援サービスなどを実施する市町に対し、今後、どのような支援を考えているのか、所見を伺いたい。

香川ねんりんピック
香川ねんりんピック
知事 現在、国で、要介護認定で自立と判定された在宅の高齢者に対して、市町が地域の実情に応じて行うデイサービスや配食サービス、外出支援サービスなど各種の介護予防・生活支援サービスなどにつき、補助制度が検討されている。県は、こうした国の制度を活用するとともに、市町などとの連携を十分に図りながら、高齢者の自立支援と健康づくり、生きがいづくりに重点をおいた施策を積極的に展開したい。

ベンチャー企業の振興対策
 ベンチャー企業などへの支援対策に、今後、どのように取り組むのか、所見を伺いたい。

知事 県では、香川インテリジェントパークでの研究開発機能や産学官の集積などを最大限に活用しながら、新たな事業の創出を促進するため、研究開発から事業化に至るまでの一貫した総合的支援を行う「地域プラットフォーム」の整備を進めている。今後も、国の動向を踏まえ、香川インテリジェントパークを中心に、産学官の共同研究を促 進するとともに、今後の成長が期待される「環境」「医療・福祉」 「生活・文化」「情報」「バイオ」の5つの分野での創業活動などに対し、重点的に支援するなど、積極的に取り組みたい。

道路網の整備
(1)四国横断自動車道の鳥坂付近の追加インターチェンジの設置に向けて、所見を伺いたい。
(2)道路の「里親制度」導入に向けての県の取り組みにつき、所見を伺いたい。

知事 (1)建設省では、平成12年度の新規施策として、一般道路事業の活用などにより、地方自治体が整備できる「地域活性化インターチェンジ制度」の概算要求が行われた。県は、現在、この新制度創設の動向も踏まえながら、建設省と鋭意協議を進めている。今後、鳥坂付近の追加インターチェンジの設置に向けて、県議会をはじめ地元関係町のご協力をいただきながら、積極的に取り組みたい。
(2)道路の「里親制度」は、地域住民や企業、児童生徒の団体などが「里親」となり、道路の一定区間の清掃、緑化などの維持管理や美化活動などを実施するもので、道路の環境美化や道路愛護精神の高揚、美しいうるおいのある郷土づくりのうえで、大変有益な制度である。県は、平成12年度から、県下全域で、モデル的に数団体を選定して実施し、里親に対する支援方策などにつき、検討するとともに、地元市町の協力を得ながら、取り組んでいきたい。

中高一貫教育の推進
 中高一貫教育の導入に向けての取り組みにつき、教育長の所見を伺いたい。

教育長 県教育委員会は、できるだけ早期に中高一貫教育の導入を図りたい。実施校は、生徒の多様な進路などに柔軟に対応する特色ある教育を行ってきた実績があり、モデル校として多彩な教育活動が展開できること、比較的広い地域の多くの中学校から入学者があること、通学の利便性に優れていることなどを総合的に勘案し、決めたい。実施形態は、県立中学校を併設し、他の中学校からも高校入試を経て高等学校に入学することができる併設型を検討したい。

警察行政
 ボランティア団体との連携の推進に、今後どのように取り組むのか、所見を伺いたい。

警察本部長 現在、交番・駐在所員とともに各種安全活動を推進していただく地域安全推進委員のほか、少年警察補導員・少年指導委員、地域交通安全推進委員を委嘱し、各地区で、年少者や女性、高齢者保護を中心に、地域の実情や問題に応じた各種活動を積極的に推進していただいている。今後も、警察と各ボランティア団体が連携した横断的な活動が図れるように、積極的な情報提供、リーダーの育成や自主活動の援助などを行い、効果が挙がるよう推進したい。



亀井 広議員(社民・県民連合)

平成12年度予算の編成
 12年度予算の編成に当たって、具体的にどのように編成しようとしているのか、所見を伺いたい。

亀井 広議員(社民・県民連合) 知事 12年度当初予算は、将来の県勢発展の基盤形成と県民福祉の向上に資する重要な施策や事業へ重点的に配分することにしている。具体的な予算編成に当たっては、物の豊かさだけでなく、心のゆとりなど豊かさを実感できるよう、ソフト面の充実に配慮しながら、9つの基本施策の推進を中心に、創意と工夫を凝らしつつ、重点的かつ効果的な予算編成に努めたい。

新総合計画の策定
 新総合計画の策定に当たって、21世紀の香川の展望につき、所見を伺いたい。

知事 新しい時代での香川づくりを進めていくためには、人と自然が共生できる社会や、県民だれもが共助の心を持ち、その個性や能力を発揮できる社会の実現をめざすとともに、県の特性を生かしながら、さらに質の高い生活スタイルの実現や、それを支える産業づくりなどを進め、香川県を四国発展のための先導的地域としていく必要がある。

介護保険の見直し
 政府は、介護保険制度の見直し案を発表したが、この見直しにつき、知事の所見を伺いたい。

知事 介護保険制度の実施を目前に控え、保険料の徴収猶予などの大きな見直しが行われることは、市町の準備事務だけでなく、制度に対する住民の理解にも影響を与えることが懸念されている。県は、全国知事会を通じ、制度の根幹を変更し地方公共団体に混乱が生じることのないよう、慎重かつ万全な対応を強く要望した。今後も、必要に応じ国に要請を行うとともに、市町への迅速な情報提供に努め、準備事務に支障をきたすことがないよう指導・助言を行いたい。

国立香川小児病院の統合
 国立香川小児病院の統合につき、統廃合しないよう関係機関に働きかけていくべきと考えるが、所見を伺いたい。

知事 国では、国立香川小児病院の国立善通寺病院への統合に当たり、機能面での強化を図る方針とされているが、県は、両病院が地域の医療・福祉に果たしている機能・役割の拡充強化を図るよう要請している。また、県立善通寺養護学校との密接な連携が損なわれないよう、両者が隣接する統合計画にするとともに、そのために必要な措置を講じていただくよう要望している。今後も、県教育委員会ともども国に強く働きかけたい。

県乳幼児医療費の無料化
 現在の3歳児未満までの乳幼児医療費無料化の適用年齢を引き上げるべきであると思うが、所見を伺いたい。

乳児健康診断
乳児健康診断
知事 乳幼児医療費支給事業は、制度創設以来、対象年齢の引き上げや所得制限の大幅な緩和を実施し、全国的にみても一定の水準にあり、保護者の不安や経済的負担の軽減に役立っているものと認識している。適用年齢の引き上げは、今後の少子化の動向や少子化対策としての効果のほか、財源確保の見通しなども勘案して、慎重に検討したい。

コンクリート構造物の安全確保
 コンクリート構造物であるトンネルや橋梁の安全点検につき、伺いたい。

知事 県では、7月上旬に、県管理のトンネル18カ所と、2次災害の恐れのある高架橋などの橋梁30カ所の緊急点検を実施した。その点検の結果、山陽新幹線のトンネルで問題になったコンクリート構造物のコールドジョイントや崩落につながるようなひび割れは、発見されなかった。県は、今後も、管内のトンネルや橋梁を含めた公共土木施設への定期点検を行い、安全対策に万全を期したい。

小規模学級の促進
 小規模学級の促進、30人学級制につき、教育長の所見を伺いたい。

小学校のティームティーチング
小学校のティームティーチング
教育長 県の1学級当たりの児童生徒数の実態は、平成11年5月1日現在、平均で小学校約28人、中学校約35人となっている。30人学級など学級編制の弾力化は、10年9月の中央教育審議会答申で法的整備を図ることが必要とされている。県教育委員会は、学級編制の弾力化は、国の対応を待って、十分検討し、子どもたち1人ひとりに応じた教育の充実を図りたい。

チャイルドシートの普及
 チャイルドシートの普及・着用に向けての取り組みにつき、所見を伺いたい。

警察本部長 道路交通法の一部改正により、平成12年4月1日からチャイルドシートの着用が義務づけられる。県警察では、幼稚園・保育所での親子交通安全教室の開催や広報啓発用チラシの活用などにより、チャイルドシートの着用率の向上と正しい使用の徹底に努めている。今後も、自治体をはじめ関係機関・団体との連携のもと、その普及促進に取り組むとともに、 併せて、街頭での積極的な着用指導に努めたい。


一般質問(12月13・14・15日)

◆筒井敏行議員(自民党議員会)
1 豊島問題 
2 吉田川と古川の整備 
3 公文書公開条例の改正にかかる県警察の対応

◆砂川 保議員(社民・県民連合)
1 介護保険制度
2 海砂利の採取
3 警察への信頼回復

◆宮本欣貞議員(自民党議員会)
1 ボランティア活動の振興
2 青少年の健全育成と地域スポー ツの振興
3 学級崩壊の実態

◆水本勝規議員(自民党議員会)
1 新しい農業試験場での試験研究体制の整備
2 農業者のニーズに対応した技術指導の充実と体制の強化
3 農村地域での高齢者の生活支援

◆大西邦美議員(改新議員会)
1 豊島問題
2 住宅性能評価機関の設立
3 県警察の情報公開

◆辻村 修議員(自民党議員会)
1 リサイクル社会への取り組み
2 直島町でのエコタウン事業
3 自衛隊旅団化に伴う部隊誘致

◆名和基延議員(自民党議員会)
1 大川地域での市町合併の促進 
2 水産養殖業の振興
3 食品産業と連携した地域農産物の生産振興

◆大須賀規祐議員(改新議員会)
1 新総合計画での環境問題に対する取り組みの位置付け
2 サンポート高松の情報通信拠点の位置付け
3 産業施策と雇用対策

◆梶 正治議員(社民・県民連合)
1 県の特色ある教育行政
2 子ども会と学校との連携
3 教育環境の整備

◆平木 享議員(自民党議員会)
1 地域医療向上に向けた情報化の取り組み
2 インテリジェントパークを中心としたネットワ ークの構築
3 市町合併の香川県案の内容と周知

◆渡辺智子議員(みんなと政治をつなぐ会)
1 豊島問題
2 男女共同参画社会に向けての取り組み
3 県警察の情報公開

◆原内 保議員(自民党議員会)
1 地域高規格道路(高松環状道路)の整備
2 総合的な交通政策の実施
3 小・中学校の再編

◆都村尚志議員(自民党議員会)
1 新総合計画策定に当たっての経済成長率の見込み
2 高等学校中退者対策
3 市町独自事業に対する県費助成

◆藤本哲夫議員(社民・県民連合)
1 都市圏交通の円滑化へ向けた対応
2 ミレニアム・フェスタ
3 中高一貫教育

◆冨田博昭議員(改新議員会)
1 少子・高齢者対策
2 介護保険制度の要介護認定
3 女性教員の校長・教頭への登用

◆山田正芳議員(自民党議員会)
1 観光産業の振興
2 県民ニーズを踏まえた県政の推進
3 新庁舎の県民への開放

◆村上 豊議員(民主党議員会)
1 中心市街地の活性化
2 通学区域制度の弾力的運用
3 若年層の投票率の向上

◆石川 豊議員(自民党議員会)
1 観音寺港の整備
2 アジア近隣諸国を対象とした国際観光への取り組み
3 暴走族対策



意 見 書

1 県議会議員の活動基盤強化のための地方自治法の所要の改正を求める意見書案(可決)
2 森林・林業・木材産業基本政策の確立に関する意見書案(可決)


請願・陳情

審査件数  166件
  ○採択 3件
  ○不採択 6件
  ○継続審査 157件


閉会中の継続調査案件

◆総務委員会
 広域行政、地域の情報化の推進、自然保護行政、本四3橋時代の交通対策

◆文教厚生委員会
 情報教育の推進、少子化対策

◆経済委員会
 工業技術振興対策、水産振興対策

◆土木委員会
 道路・都市計画・下水道行政、県営水道



県議会番組〔テレビ〕


「香川県政を語る」〜2月定例会を前にして〜
 放送:山陽放送
 2月17日(木)
  10時20分〜11時15分
 


総務委員会

職員の人事交流・異動の4月一本化、西暦2000年記念事業、離島での救急患者の搬送などを、審査

◆総務部・企画部関係
 地方分権の時代を担う職員の育成には、他県や市町との人事交流や民間企業への職員派遣を行う必要があることから、人事交流などの状況につき、質問しました。また、併せて定期人事異動の4月への一本化や、西暦2000年に香川県を内外にアピールするための記念事業の実施につき、質問しました。
 このほか、離島振興、平成12年度予算編成、瀬戸大橋の通行料金、フリーゲージトレインの導入、審議会の委員の選任なども、質問しました。

◆生活環境部・公安委員会関係
 豊島問題に関し、環境保全措置の早期実施や増加経費への対応、エコタウン事業の実施主体などにつき、また、池田町の産業廃棄物処分場に関し、審議会開催の情報提供などにつき、質問しました。
 このほか、島しょ部の救命救急体制、青少年の非行防止対策、悪質商法への対応、警察の情報公開、交通安全施設の設置なども、質問しました。


文教厚生委員会

インフルエンザ対策、学校でのセクシャル・ハラスメントの防止対策などを、審査

◆健康福祉部関係
 インフルエンザの流行シーズンを前にして、この冬のインフルエンザ対策、県内でのインフルエンザワクチンの確保と需給状況の見通しなどにつき、質問しました。
 このほか、介護保険制度、重症心身障害者対策、県立病院のコンピュータ西暦2000年問題、難病患者への通院費助成、県単独老人医療費支給事業の見直しなども、質問しました。

◆教育委員会関係
 学校では、教員の児童生徒に対するセクシャル・ハラスメントの対応の遅れが懸念されていることから、セクシャル・ ハラスメント問題への認識や防止対策、また、今後のマニュアル策定に向けた取り組みなどにつき、質問しました。
 このほか、県営野球場の愛称募集、県立善通寺養護学校問題、中高一貫教育の方向性、全国レクリエーション大会の開催、体罰報告書の在り方、不登校生徒の受け入れ学校の設立、斯道学園への学校教育の導入なども、質問しました。


経済委員会

中小企業基本法改正に伴う今後の県の施策、県魚指定5周年を契機とした販売対策などを、審査

◆商工労働部関係
 中小企業基本法は、経営革新と新規創業を支援するなど、 中小企業に関する施策の総合的な推進を図るため、平成11年12月にその一部が改正されたことから、改正の趣旨を踏まえ、県下の創業・ベンチャー企業に対する支援策や県内中小企業の育成、振興策などにつき、質問しました。
 このほか、雇用対策、国の平成11年度第2次補正予算案への対応、コンピュータ西暦2000年問題、中小小売業の活性化なども、質問しました。

◆農林水産部関係
 ハマチは、平成7年に県魚として指定し、ブランド化やイメージアップに努めてきたが、近年、養殖ハマチの売れ行きが低迷していることから、県魚指定5周年を契機としたハマチなど水産物のいっそうの販売促進対策や市場、消費者への効率よいPR方法などにつき、質問しました。
 このほか、米の生産調整対策、新規就農者対策、イノブタの被害対策、輸入農産物対策なども、質問しました。


土木委員会

サンポート高松の整備、自転車利用環境整備モデル事業、土砂災害110番制度などを、審査

◆土木部・水道局関係
 サンポート高松に建設予定であるシンボルタワーは、事業コンペの応募者として、3企業グループが登録され、審査委員会で審査が行われていることから、その入選案の発表方法や入選案決定後の整備スケジュールなどにつき、質問しました。また、高松市が自転車利用環境モデル都市の指定を受けたことから、今後の取り組みにつき、さらに、建設省と郵政省で土砂災害防止に関する基本協定が締結され、創設された「土砂災害110番制度」の導入につき、それぞれ質問しました。
 このほか、道路の里親制度、幹線道路の暫定供用、入札・契約制度の見直し、公共工事の変更契約、事業達成年次の明示、大型コンクリート構造物の事業責任の明確化、建築物安全安心実施計画、土器川総合整備事業、海砂利の代替骨材問題、コンテナターミナルの充実強化、県営住宅のコンクリートはく落対策、四国横断自動車道津田の松原サービスエリアの整備、水道用原水調整池の整備なども、質問しました。