県議会だより

平成11年6月 閉会中の委員会活動

常任委員会

総務委員会(14日)

調査案件
広域行政、地域の情報化の推進、自然保護行政、本四三橋時代の交通対策

 まず、高松市番町で、県警察本部新庁舎にある警察交通管制センターの交通管制システムを、次に、林町の香川インテリジェントパークで、穴吹住環境デザイン研究所のテレビ会議システムなどの情報処理システムを視察しました。
 また、塩江町で、県立自然公園の体験型展示学習施設の大滝大川県立自然公園センターを、高松市川部町で、西部広域クリーンセンターの焼却処理施設と破砕処理施設を視察しました。



文教厚生委員会(16日)

調査案件
情報教育の推進、少子化対策

県立香川中央高等学校で
県立香川中央高等学校で
 今回は、まず、香川町にある県立香川中央高等学校と白鳥町立本町小学校で、情報教育の実施状況につき、それぞれ関係者から説明を受けた後、コンピュータ設備や授業を視察しました。
 次に、白鳥町にある児童養護施設恵愛学園、児童厚生施設白鳥児童館、児童家庭支援センタ―"けいあい"で、関係者から施設概況の説明を受けた後、それぞれの施設を視察しました。



土木委員会(18日)

調査案件
道路・都市計画行政

 さぬき浜街道は、高松市から豊浜町に至る道路を総称した道路で、県の広域幹線道路網の一環として、非常に大きな役割を担っています。
 今回は、高松から順次整備が進められている、このさぬき浜街道の三野・詫間工区と大野原・豊浜工区の道路改築事業や、仁尾町の道路災害防除事業を視察しました。
 また、観音寺市で、都市計画街路観音寺駅観音寺港線の道路改築事業を視察しました。


特別委員会

高速自動車道促進特別委員会(3日)

引田インターチェンジ(仮称)の建設地で
 本四三橋時代を迎え、四国横断自動車道の高松以東区間の整備が急がれています。
 そこで、今回は、津田町で津田東インターチェンジ建設地を、また、大内町で白鳥大内インターチェンジ(仮称)と県道大内白鳥インター線の建設地を、白鳥町では、宮池橋付近の本線工事の建設地を視察しました。
 最後に、引田町で引田インタ―チェンジ(仮称)と県道白鳥引田線の建設地を視察し、関係者から説明を受けました。

水資源対策特別委員会(7日)

 今回は、中讃流域下水道の下水処理水を再処理して洗浄用水や樹木散水、水洗トイレ用水に利用している大束川浄化センターと、早明浦ダムを水源とした水道用水や府中湖を水源とした工業用水の供給を行っている県綾川浄水場を視察しました。
 また、本津川の水質悪化に対応するため、オゾンや活性炭処理を行い、清浄で異臭味などのない水道水を供給する国分寺町高度浄水施設整備事業も視察しました。

行財政改革推進特別委員会(17日)

 理事者から、平成11年度行政改革実施計画の概要説明を受けた後、行財政改革の推進につき、審査しました。
 まず、行政改革に対する職員の意識改革への取り組み状況や県職員の年齢別構成、市町合併の推進、女性職員の登用などを質問しました。
 このほか、定員管理の適正化と公共工事のコスト縮減、公安委員会の組織・機構の見直し、教職員数の削減、30人学級の実現、出先機関の見直し、情報公開、大型開発なども質問しました。


香川県で中四国9県議会正副議長会議を開催

 6月11日、中四国9県議会正副議長会議が、香川県で開かれ、協議の結果、16の事項を国など関係機関に要望することを決定しました。その主な項目は次のとおりです。

廃棄物処理対策の推進について
地方分権の推進と地方財政対策の充実・強化について
介護保険制度の円滑な導入・運営について
景気・雇用対策の推進について
水資源対策の充実・強化について
少子化対策の総合的推進について