県議会だより

平成11年2月 閉会中の委員会活動

常任委員会

文教厚生委員会(3日)

調査案件
生涯スポーツの振興、高齢者保健福祉施設

 理事者から、調査案件につき説明を受けた後、審査しました。
 まず、総合型地域スポーツクラブにつき、その育成事業の成果や効果が上がる推進方策を、質問しました。
 また、平成12年4月から介護保険制度が導入されることに伴い、県老人保健福祉計画の見直し方針や今後のスケジュールを質問しました。
 このほか、全国スポーツ・レクリェーション祭の開催計画や特別養護老人ホーム入所待機者への対応と今後の整備方針、健康生きがい中核施設の整備方針なども質問しました。



経済委員会(4日)

調査案件
観光振興対策、森林の保全と整備

 理事者から、調査案件につき説明を受けた後、審査しました。
 まず、尾道・今治ルート(瀬戸内しまなみ海道)の今春の開通に伴う観光客の誘致対策や壷井栄の生誕百年を活かした観光活性化事業、栗林公園の景観の保全、五色台の開発などにつき、質問しました。
 次に、森林の保全と整備につき、林業従事者の高齢化に伴う林業の担い手の確保対策や森林の機能を十分に発揮させるための山村地域の活性化、松くい虫の防除対策、都市近郊の森林整備などにつき、質問しました。



土木委員会(2日)

調査案件
河川・砂防行政、県営水道

 理事者から、調査案件につき説明を受けた後、審査しました。
 まず、現在、建設中の門入ダムや粟井ダムの整備状況、将来のダム候補地点の選定につき、質問しました。
 次に、砂防ダムや貯砂ダムに堆積した土砂の有効活用の取り組みにつき、質問しました。
 このほか、河川防災ステーションの整備や河川での環境ホルモン調査、土砂災害対策の取り組み状況、水道用水供給事業の第2次拡張事業、原水調整池の整備、県営水道の震災対策なども質問しました。


特別委員会

高速自動車道促進特別委員会(5日)

 理事者から、四国横断自動車道の高松以東区間の進捗状況と今後の整備見通しにつき、説明を受けた後、審査しました。
 まず、高松以東区間につき、高松市内区間と津田町・引田町間の用地取得状況や工事の進捗状況を、質問しました。
 また、上天神交差点立体化工事の迂回路となる県道や市道の整備状況、用地取得難航案件の取り組みと法的措置、特別用地対策事業、アクセス道路の取り組みなども質問しました。

都市開発整備対策特別委員会(9日)

 サンポート高松での多様な機能を有する交流拠点施設であるシンボルタワーの整備に当たっては、民間の企画力を最大限生かすため、事業コンペ方式が予定されています。
 そこで、この事業コンペに対する民間事業者の参画の見通しと、提案された事業計画案を審査する審査委員会につき、質問しました。
 このほか、玉藻城西側の公園事業、既存商店街との連携、JRと琴電の乗り継ぎの利便性の確保なども質問しました。

行財政改革推進特別委員会(10日)

 理事者から、県新行政改革大綱(素案)の概要説明を受けた後、行政改革の推進につき、審査しました。
 まず、県新行政改革大綱につき、行政改革の基本方針や新大綱の特色、定員管理の適正化、行財政改革の推進による経費の節減額などを質問しました。
 このほか、公債費比率の状況と今後の見込み、公共工事のコスト縮減、給与管理の適正化、市町への権限委譲、出先機関の統廃合なども質問しました。