県議会だより

平成10年11月 閉会中の委員会活動

常任委員会

総務委員会(18日)

調査案件
私学振興、公共交通機関の整備促進、消防行政、科学捜査力の充実・強化

 まず、小豆地区消防本部で管内の概要説明を受けた後、消防車両などを視察しました。
 次に、内海町役場で町営バスの概要説明を受けました。
 その後、土庄、内海両警察署の鑑識係の活動状況の説明も受けました。
 最後に、高松市内の明善高校で同校の概要説明を受けた後、校内を視察しました。



文教厚生委員会(6日)

調査案件
高齢者保健福祉施設、生涯スポーツの振興

 まず、池田町で滞在・参加型レクリエーション施設の小豆島ふるさと村を、また、 内海町で住民スポーツの拠点施設である内海総合運動公園を視察しました。
 最後に、土庄町にある養護老人ホーム小豆島老人ホームと特別養護老人ホーム小豆島老人ホームを視察しました。



経済委員会(13日)

調査案件
観光振興対策、森林の保全と整備

二十四の瞳映画村(内海町)
二十四の瞳映画村(内海町)
 まず、内海町で二十四の瞳映画村を視察し、関係者から施設の概要や利用状況などの説明を受けた後、同町の太陽の丘で、定期観光バスとして運行している小豆島ボンネットバスを視察しました。
 また、土庄町の皇踏山(おうとさん)山麓で施工している環境防災林整備事業なども視察しました。



土木委員会(17日)

調査案件
河川・砂防行政、県営水道

 まず、土庄町の岡谷(おかのたに)で行われている急傾斜地崩壊対策事業を視察しました。
 次に、内海町で地形や地質調査などが行われている内海ダムの再開発を視察しました。
 最後に、土庄町鳴滝川で荒廃砂防事業を視察し、関係者から説明を受けました。


特別委員会

高速自動車道促進特別委員会(16日)

 まず、四国横断自動車道高松市内区間の六条高架橋の建設現場で、 大型移動支保工による橋げた工事や上天神交差点で上天神・檀紙間の事業概要につき、関係者から説明を受けました。
 また、香東川橋や高松西インターチェンジ(仮称)の各建設現場なども視察しました。

都市開発整備対策特別委員会(26日)

 まず、坂出駅北口第一地区市街地再開発事業を視察し、関係者から説明を受けました。
 次に、対岸の岡山県では、岡山県南広域都市計画事業と岡山駅南土地区画整理事業を視察しました。
 最後に、JR貨物移転先地の高松市香西南町・鬼無町で、計画概要の説明を受けました。

水資源対策特別委員会(10日)

 今回は、雨水や地下水を散水や洗浄水として利用している県立丸亀競技場や配水の調整を行うための丸亀市新配水池建設事業を視察しました。
 また、効率的な配水を行うため、各ため池や末端ほ場間をパイプライン化した仲南東部地区の県営かんがい配水事業も視察しました。

決算特別委員会(19・20日)

(19日)病院事業会計の審査を行い、同会計の平成9年度決算では、昭和48年度以降、赤字が続いていることから、その要因や抜本的な経営改善策の取り組みなどにつき、質問しました。
 このほか、県立病院での院外処方箋の発行、在宅医療、デイケアセンターの充実なども質問しました。
(20日)水道用水供給事業など三水道事業会計を審査し、平成11年度の工業用水道事業と水道用水供給事業の料金につき、質問しました。
 また、第二次拡張事業計画の実施に伴う水道料金値上げの抑制に向けた企業努力につき、質問しました。
 このほか、各市町の自己水源の開発に対する水道局の指導も質問しました。