県議会だより

平成10年9月 香川県議会定例会

一般会計補正予算議案など 26議案を可決
=意見書案5件も=


 9月香川県議会定例会は、9月28日から10月14日までの17日間開かれ、知事提出の26議案と、議員提出の意見書案5件を、可決・同意しました。また、企業会計決算認定議案4件を継続とし、これを閉会中に審査するため、決算特別委員会を設けました。



代表質問(10月1日)

白井昌幸議員(自民党議員会)

知事の政治姿勢
(1)県は、今年度、行政改革大綱の見直しを行うが、その場合、数値目標を設定する考えはあるのか、所見を伺いたい。
(2)現在の県21世紀長期構想のとの間に切れ目のない、県政運営の基本指針を策定すべきと考えるが、所見を伺いたい。

白井昌幸議員(自民党議員会) 知事 (1)行政改革大綱の見直しに際しては、定員管理や組織管理、事務事業の見直しなど、行政改革の取り組み内容が県民に理解しやすく、実効のあるものとなるよう、できる限り目標の数値化を図るなど、具体的で目に見える行政改革を進めたいと考えている。
(2)県の総合計画に切れ目を生じさせないことはもとより、長期的展望に立った県政推進の基本指針となる新たな総合計画を策定する必要があると考えている。できるだけ早い時期に策定作業に取りかかりたい。その策定に当たっては、県民各界各層の方々のご意見を反映した計画となるよう配慮したうえで、21世紀初頭に向けて取り組むべき諸施策を明らかにしたい。

水資源確保対策
 選挙公約の1つである水資源対策の推進につき、今後どのような方向、考え方で取り組むのか、決意を伺いたい。

事業完了間近な門入ダム
事業完了間近な門入ダム
知事 水資源の確保は、県の発展に必要不可欠なものであることから、新規水源の確保や節水型社会の形成など、水の需要と供給の両面から総合的な対策を推進したい。このため、香川県総合水資源対策大綱に基づき、既に具体化しているものは、引き続き積極的に取り組み、現在、調査検討を進めている施策や新たな施策も、幅広い見地から工夫を凝らし、実施可能なものから、順次、具体化に努めたい。

豊島問題
 今後、どのような基本姿勢で、どのように対応していくのか。また、住民に対する謝罪につき、所見を伺いたい。

知事 今後、中間合意の内容に沿って、調停の場などで十分協議を行いたい。調停成立に至る過程では、県民のご理解のもと、第2次香川県豊島廃棄物等処理技術検討委員会の調査検討結果を踏まえ、中間処理など必要な措置を的確に講じ、1日も早くこの問題の解決が図られるよう努めたい。住民に対する謝罪は、この問題の過去の経緯をも十分に斟酌した上で、昨年7月、遺憾の意を表している中間合意を受け入れたものである。

福祉行政
 介護保険の導入を前にして、県老人保健福祉計画の見直しを行うようであるが、その内容につき、伺いたい。

知事 現行の県老人保健福祉計画は、平成12年4月から介護保険制度が導入されることに伴い、県作成の介護保険事業支援計画との整合性を図りながら、見直しを行うことが求められている。今後、各市町が実施している高齢者などの実態調査の結果や各市町が作成する介護保険事業計画などを踏まえ、11年度末までに計画の見直しを行いたい。

中小企業対策
 制度融資の充実をはじめとする中小企業対策の取り組みにつき、所見を伺いたい。

知事 県は、昨年12月に無担保・無保証人の小規模企業特別融資の融資限度額の引き上げなどを行った。今年2月には、制度融資全般の融資利率の引き下げを行った。さらに、6月、国の総合経済対策にも呼応して、緊急経営改善資金融資を創設した。この制度は、融資実績の伸長に伴い、融資枠を75億円に拡大するため、今議会に補正予算をお願いしている。

農業振興対策
 県は、「21世紀香川県農業・農村計画」のこれまでの成果や課題をもとに、次の計画策定に取りかかる考えがあるのかどうか、所見を伺いたい。

知事 次期農業農村計画は、新たな農業基本法の制定など国の動向を見極めつつ、「21世紀香川県農業・農村計画」における成果や課題を踏まえるとともに、県政推進の基本指針となる新たな総合計画の策定作業に合わせて、できるだけ早期に取りかかりたい。

道路整備
 四国横断自動車道高松以東区間の整備につき、平成12年度内の完成は、困難に思われるが、どのように受けとめているのか、伺いたい。

整備が進む
四国横断自動車道高松以東区間
整備が進む四国横断自動車道高松以東区間
知事 高松市内区間の用地取得率は、面積比で約90%となっており、工事も一部区間では高架橋の上部工事も進められている。津田・引田間では、面積比で95%を超えており、工事も、鋭意本線工事が進められ、一部では橋脚が立ち上がってきており、今年度は、全線にわたって工事の発注がなされることになっている。残る用地の早期取得に努めるなど、高松以東の全区間が、県21世紀長期構想の後期事業計画の期間内に、1日も早い完成が図られるよう、地元市町ともども、事業の促進に、さらに、全力を傾注したい。

サンポート高松の開発
 サンポート高松の全体計画につき、今後どのように取り組むのか、基本的な考え方を伺いたい。

知事 サンポート高松総合整備事業は、21世紀に向けて県勢のさらなる飛躍発展を図るために、是非とも推進していかなければならない重要な事業である。街づくりを進めるうえでは、短期的視点から具体的な計画に即して実施すべきものと、中長期的な視点から検討すべきものとを十分見定めて、可能な限り財政負担の軽減に努めるとともに、民間活力の導入を積極的に図っていきたい。



増田稔議員(自民党県政会)

知事の政治姿勢
(1)県政運営の基本方針と将来ビジョンにつき、所見を伺いたい。
(2)対話の県政を強調しているが、県民ニーズの把握のため、具体的にどのようにする考えなのか、所見を伺いたい。

増田稔議員(自民党県政会) 知事 (1)広く県民本位の立場に立ち、不偏不党、公平・公正で透明性の高い県政を進める決意である。また、環境問題への積極的な取り組み、人づくりなどの基本施策を中心に、香川県の創造を目指したい。このため、長期的展望に立った新たな総合計画の策定に、できるだけ早い時期に取りかかりたい。
(2)県行政に対する県民ニーズを的確かつタイムリーに把握し、県の施策に反映させることは極めて大切である。このため、県政モニター制度、地区県政懇談会、行政懇話会、「わたしの提言」制度などを実施し、そのご意見を次年度以降の県施策へ反映させている。これらの広聴制度を今後とも充実させ、その活用を図るとともに、県民の皆様がこうした制度をより利用し易くなるよう工夫、PRに努めたい。

豊島問題
 豊島問題につき、現状をどう認識し、問題解決に向けてどのように考えているのか、所見を伺いたい。

知事 速やかに施設整備に着手できるよう、第2次香川県豊島廃棄物等処理技術検討委員会による調査検討を進めていただくとともに、中間合意に沿って、調停の場などで十分協議を行い、できるだけ早くこの問題の解決を図るため、調停が成立するよう努めたい。また、調停成立に至る過程では、県議会に対し、情報を提供し、十分にご審議いただき、県民のご理解のもと、1日も早くこの問題の解決が図られるよう努めたい。

サンポート高松の整備
 サンポート高松の整備で、今見直すべきことは、ハードからソフト志向への転換であると考えるが、どうか。

サンポート高松イメージパース
サンポート高松イメージパース
知事 これまでも、都市プランナーなどの有識者の意見も聴きながら、利用者の安全性、利便性はもとより、街全体としての景観や連続性を念頭に置き、広場・緑地などの公共施設の設計を進めてきた。賑わいのある街とするために、今後とも、様々なソフト面の工夫をしたい。

介護保険制度
 介護保険に関する事務につき、広域的な取り組みを促進していく必要があると考えるが、所見を伺いたい。

知事 県は、各老人保健福祉圏域ごとに、介護保険研究会を設置し、広域的な取り組みなどにつき、研究協議を行っている。大川郡、小豆郡、三豊郡の各町では、郡単位で介護認定審査会での審査判定業務を共同処理する方向で、具体的な検討が進められている。今後も、指導・助言を行い、必要に応じ人的支援も行いたい。

産業振興施策
(1)農業の振興方策につき、特色ある産地づくりに向けての取り組み方針を伺いたい。
(2)商店街の振興を図るため、新たな助成制度を設けてはどうか、所見を伺いたい。

知事 (1)特色ある産地づくりを図るためには、付加価値の高い農業生産を行うことが重要であることから、県は、農業者や農業団体などのご意見を踏まえ、施策の効果的な実施に努めている。今年度は、施設のリース方式による園芸団地を整備する「施設園芸新経営体育成実証モデル事業」を創設するなど、産地づくりの強化を図っている。
(2)先般、国では、いわゆる「中心市街地活性化法」が成立した。県は、市町の基本計画策定及び事業実施に対する適切な指導・助言を行うため、今年7月に関係部局からなる中心市街地活性化連絡会を設置した。この法律に基づく各種の支援施策を総合的かつ有機的に活用して、各種支援の拡充に取り組むなど、まちの特色を生かした商店街づくりに積極的に努めたい。

人づくり
 知事が掲げる人づくりに向けて、県教育委員会として、どう取り組むのか教育長の考えを伺いたい。

小学校での国際理解教育
小学校での国際理解教育
教育長 今年度から、小学校での国際理解教育推進事業をスタートさせ、県内在住の外国人などを人材バンクに登録し派遣しており、ゲームや遊びを通じて、自然な形で外国語会話や外国の生活・文化などに慣れ親しむなどの成果が上がっている。今後も、心豊かで国際社会にたくましく生きる人間の育成を目指し、各種施策の充実に努めたい。


一般質問(10月8・9・12日)

◆原内 保議員(自民党議員会)
1 行政改革の推進
2 環境施策の推進
3 水資源確保対策

◆篠原公七議員(自民党県政会)
1 新たな総合計画の策定と11年度の予算編成
2 みかんの生産振興
3 三豊地域での国道11号の整備

◆大西邦美議員(改 新)
1 外部監査制度の導入
2 サンポート高松のシンボルタワーの整備
3 地上波デジタル放送開始に向けた取り組み

◆砂川 保議員(社民党)
1 海砂利採取問題
2 県道田面白鳥線と津田白鳥引田線の整備
3 白鳥海岸の整備

◆辻村 修議員(自民党清風会)
1 市町合併の推進
2 県営水道の第二次拡張計画の円滑な推進
3 今後の農業振興施策

◆村上 豊議員(民主リベラル)
1 官民の役割分担
2 政策形成過程での民意の反映
3 プロジェクト事業の今後の対応

◆藤目千代子議員(共産党)
1 県立丸亀高校附属幼稚園の廃園問題
2 県営水道の第二次拡張計画実施に伴う費用負担
3 難病医療費一部本人負担問題

◆鎌田守恭議員(自民党議員会)
1 漆芸研究所の移転と漆芸会館の整備
2 都市計画道路公園東門線の整備
3 イベントを活用した地域経済の活性化

◆五所野尾恭一議員(自民党県政会)
1 行政の透明性の確保
2 国営讃岐まんのう公園の利用促進
3 国道32号バイパスと438号の整備

◆亀井 広議員(社民党)
1 香川の農業施策
2 国道32号バイパスの整備
3 本津川の改修

◆山田正芳議員(自民党県政会)
1 渇水時の緊急水源確保のための補助金制度創設
2 県立丸亀高校附属幼稚園の廃園問題

◆水本勝規議員(自民党議員会)
1 中山間地域の農業振興
2 落葉果樹産地の育成
3 米麦の生産振興

◆寒川泰博議員(改 新)
1 知事の政治姿勢
2 豊島問題
3 陸上交通網の整備

◆渡辺智子議員(みんなと政治をつなぐ会)
1 豊島問題
2 農薬の空中散布と環境汚染問題
3 少人数学級の推進

◆黒島 啓議員(自民党県政会)
1 壺井栄生誕百年を有効活用した小豆郡の観光振興
2 豊島問題
3 教育行政

◆石川 豊議員(自民党議員会)
1 中小企業に対する制度融資の充実
2 肉用牛肥育経営の安定対策
3 容器包装リサイクル法の完全施行に向けた取り組み

◆冨田博昭議員(改 新)
1 保育所の延長保育
2 白鳥ダムの整備
3 学校給食に使用の食器の見直し

◆宮本欣貞議員(自民党議員会)
1 洋上観光の推進
2 地域情報化の推進
3 林業の振興

◆名和基延議員(自民党県政会)
1 水産物の流通対策
2 大川八町の合併の推進
3 民間非営利活動団体(NPO)の活動支援

◆篠原正憲議員(社民党)
1 海砂利採取問題
2 漁業補償の公開
3 県立丸亀高校附属幼稚園の廃園問題

◆栗田隆義議員(自民党議員会)
1 国営讃岐まんのう公園の整備
2 ため池の水質改善対策
3 県道久保谷塩江線と国分寺琴南線の整備



任命・選任同意の人事案件

◆香川県公安委員会委員  松繁壽義(同意)
◆香川県収用委員会委員  原 正司(同意)
◆香川県土地利用審査委員  吉田重幸(同意)
 小川達吉(同意)
 篠畑嘉信(同意)
 尾貞夫(同意)
 城後愼也(同意)
 竹下治之(同意)
 横本俊美(同意)


意 見 書

1 私学助成の拡充発展に関する意見書案(可決)
2 経済対策における税制改正に関する意見書案(可決)
3 新たな農業基本法の制定に向けての意見書案(可決)
4 景気回復・雇用創出に関する意見書案(可決)
5 道路整備費の確保及び道路特定財源の堅持に関する意見書案(可決)


請願・陳情

審査件数  34件
  ○採択  3件
  ○継続審査 31件


閉会中の継続調査案件

◆総務委員会
 私学振興、公共交通機関の整備促進、消防行政、科学捜査力の充実・強化

◆文教厚生委員会
 生涯スポーツの振興、高齢者保健福祉施設

◆経済委員会
 観光振興対策、森林の保全と整備

◆土木委員会
 河川・砂防行政、県営水道



9月定例会設置特別委員会

決算特別委員会(13人)
      ◎委員長 ○副委員長
岸上 修 砂川 保
 宮本 欣貞  渡辺 智子
 原内 保  黒島 啓
 石川 豊  篠原 公七
 松本 康範  大西 邦美
 池田 長義  谷川 実 
 大西 末廣   


総務委員会

財政構造改革、環境保全対策、毒物混入事件などを、審査

◆総務部・企画部関係
 厳しい財政環境のもとでの財政構造改革の取り組みと、喫緊の課題である景気浮揚を図るための景気対策との関係や、県内全域の水道を整備し、安定給水体制の確立を図る県広域的水道整備計画の策定などにつき、質問しました。
 このほか、市町合併、県税収入の現状と見通し、行政評価システムの検討状況と導入時期、路線バスの維持対策なども、質問しました。

◆生活環境部・公安委員会関係
 香川県環境保全率先実行計画(かがわエコオフィス計画)に基づく県庁内の取り組みや、県庁以外の事業所や県民の環境保全への取り組みを進めるための普及啓発などにつき、質問しました。
 このほか、豊島問題、産業廃棄物などの不法投棄に対する監視体制と対処方法、県内の毒物混入容疑事件の発生状況や未然防止対策、交通死亡事故対策なども、質問しました。


文教厚生委員会

介護保険の介護認定審査会の設置、県立丸亀高校附属幼稚園の廃園問題などを、審査

◆健康福祉部関係
 市町から県介護認定審査会の設置要望もあることから、介護サービスのランクを判定する介護認定審査会の審査委員の確保や設置に係る県の対応につき、質問しました。
 このほか、市町の介護保険財政の運営、老人福祉施設の情報公開、毒物劇物の安全対策、地域健康福祉情報ネットワークの整備、健康づくりへの具体的取り組み、斯道学園の入所児童に対する学校教育の実施なども、質問しました。

◆教育委員会関係
 県立丸亀高校附属幼稚園の3年後の廃園を前提とした来年度の園児募集の停止につき、賛否両論の立場から、園存続陳情への対応や県立幼稚園の役割なども、質問しました。
 このほか、フリースクールや適応指導教室の状況、理科教育への取り組み、小学校の複数学級制、教員の採用の在り方、特別非常勤講師の活用、体罰報告書、学校図書室の充実と司書教諭の発令なども、質問しました。


経済委員会

中小企業に対する景気対策、台風7号の影響による農作物の被害状況とその対策などを、審査

◆商工労働部関係
 景気の低迷により、県内の中小企業の経営環境は厳しい状況にあり、中小企業振興融資の融資枠の拡大など、今後の中小企業の経営安定への取り組みにつき、質問しました。
 このほか、離転職者に対する職業能力開発、牟礼・庵治石材加工業に対する特定中小企業集積活性化事業の適用、シルバー人材センターの運営なども、質問しました。

◆農林水産部関係
 去る9月22日に、香川県を襲った台風7号の影響で、水稲や園芸作物を中心に被害が発生し、また、その後の長雨により、水稲の穂発芽被害や秋冬野菜の定植遅れの影響が懸念されていることから、その被害状況と対策、農業共済制度の適用につき、質問しました。
 このほか、らくちん栽培技術の利用状況と今後の見通し、ナシフグの販売禁止解除に向けての取り組み状況、農業就業者の現状と新規就農者の受け入れ体制なども、質問しました。


土木委員会

公共事業の再評価システムの導入、水道用水供給事業の第二次拡張事業などを、審査

◆土木部・水道局関係
 公共事業の在り方が種々問われているなか、国では、計画段階や事業開始から長期間経過している事業を見直す、公共事業の再評価システムを今年3月に策定したことから、県での取り組みにつき、質問しました。また、県広域的水道整備計画の議案が今期定例会に上程され、その計画のなかで、水道用水供給事業の第二次拡張事業を行うこととされていることから、この事業の今後の具体的なスケジュールと事業実施に伴う水道料金への影響につき、質問しました。
 このほか、台風7号による被害状況と復旧見込み、技術者の専任制と地元中小業者の育成、公共事業の執行状況、予定価格の事前公表の効果、土地開発公社所有地の有効活用、東讃及び西讃での国道11号のバイパス整備、道路災害の防止、交通安全対策、ダム整備事業の進捗状況と新たなダムサイトの調査状況、白鳥港人工海浜の取り組み状況、サンポート高松の整備なども、質問しました。