県議会だより

平成10年9月 香川県議会臨時会

県議会臨時会

 香川県議会は、9月14日、臨時会を開き、先の県議会議員補欠選挙で当選した3名の常任と特別の各委員会所属などを決めました。
 また、議員提出の「北朝鮮のミサイル発射に抗議する決議案」1件を可決しました。


平成10年9月 閉会中の委員会活動

常任委員会

総務委員会(18日)

調査案件
観光振興対策、森林の保全と整備

 まず、大内町で平成9年7月に開業した「ベッセルおおち」を視察し、事業主体である大内町の町長から、建設の経緯や施設の概要、利用状況などの説明を受けました。
 次に、昨年3月に発生した「引田町・白鳥町林野火災」のそれぞれの火災現場で、関係者から災害関連緊急治山事業と保安林改良事業などの復旧工事の進捗状況につき、説明を受けました。
 また、本州四国連絡橋公団垂水管理事務所で、今年4月に開通した明石海峡大橋の概要や開通後の車両の利用台数などにつき、関係者から説明を受けました。



土木委員会(17日)

調査案件
河川・砂防行政、県営水道

県綾川浄水場で
県綾川浄水場で
 まず今回は、坂出市府中町の県綾川浄水場で、安全でおいしい水を安定供給している水道用水供給事業の説明を受けた後、浄水場中央管理室などを視察しました。
 次に、仲多度郡満濃町の土器川で、うるおいのある美しい自然と調和した親水空間づくりを進めている環境整備事業(水辺プラザ)を視察しました。
 最後に、綾歌郡綾上町の長柄ダムで、ダムへの土砂流出を未然に防ぎ、貯水池の保全を図る目的で整備が進められている貯水池保全事業(貯砂ダム)を視察し、関係者から説明を受けました。


特別委員会

都市開発整備対策特別委員会(1日)

 現在、県は、サンポート高松(高松港頭地区)で、港湾機能と都市機能の調和を図り、うるおいと賑わいのある拠点づくりを進めています。
 そこで、今回は、高松市浜ノ町にある四国旅客鉄道株式会社で、 サンポート高松に建設予定のJRホテル計画や新高松駅建設に向けた取り組み状況などにつき、説明を受けました。
 次に、サンポート高松の開発を進めるうえで、地元商店街との相乗効果も重要であることから、 丸亀町商店街市街地再開発事業と片原町駅西地区市街地再開発事業を視察し、それぞれ関係者から説明を受けました。