県議会だより

常任委員会

文教厚生委員会(28日)

調査案件
生涯スポーツの振興・高齢者保健福祉施設

特別養護老人ホーム絹島荘で
特別養護老人ホーム絹島荘で
 生涯を通してスポーツを楽しみ、心身ともに健康で活力ある生活を営んでいくことは、県民の願いであり、 生涯スポーツのいっそうの振興が望まれています。
 そこで、大川町自然休養村(みろく自然公園)で、球技場やゲートボール場などのスポーツ施設を視察しました。
 また、介護保険制度の施行に向け、在宅福祉サービスの充実や特別養護老人ホーム、ケアハウス、 老人保健施設など、高齢者保健福祉施設の整備が急がれています。
 そこで、大内町で特別養護老人ホーム絹島荘、絹島荘デイサービスセンター、絹島荘介護支援センターを視察しました。
 次に、長尾町で老人保健施設悠々荘、長尾町老人介護支援センターを視察しました。



土木委員会(29日)

調査案件
河川・砂防行政

建設中の粟井ダムで
建設中の粟井ダムで
 県民の生命や財産を守り、安全で快適な生活環境を維持するためには、 いっそうの河川・砂防行政の計画的な推進が必要です。
 そこで今回は、まず、詫間・三野両町にまたがる汐木地区で、 平成八年度から整備が進められている急傾斜地崩壊対策工事を視察しました。
 次に、観音寺市の流岡町で防災活動の拠点として、 今年度から工事に着手する財田川防災ステーション(財田川広域基幹河川改修工事)の建設予定地を視察しました。
 また、粟井町では、柞田川総合開発の一環として柞田川水系粟井川に建設がすすめられている多目的ダムの粟井ダム(生活貯水池整備事業)を視察し、 それぞれ所管の土木事務所長らから、事業概要の説明を受けました。


特別委員会

行財政改革推進特別委員会(27日)

 理事者から、平成十年度の県行政改革実施計画の基本的な考え方、県組織・機構の状況、 県財政の状況などの説明を受けた後、行財政改革の推進につき、質問しました。
 まず、行財政改革の目途や優先項目、財政構造改革の推進方策、職員の民間派遣研修、 職員服務規程の見直しにつき、質問しました。
 また、国の総合経済対策を受けての地方単独事業などの県の対応と財政構造改革指針との整合性、 今年度の行財政改革の重点事項、公共事業の在り方、審議会の公開の現況、 中核市への事務移譲に伴う県職員の減員計画や組織の見直し、中核市への支援方策、 新庁舎のランニングコストと県民サービスの向上策、職員の意識改革の方策、今後の適正な定員管理の在り方など、 行財政改革の取り組みにつき、質問しました。


香川県で四国4県議会正副議長会議を開催

四国4県議会正副議長会議
四国4県議会正副議長会議
 5月25日、四国4県議会正副議長会議が、香川県で開かれ、協議の結果、次の事項を国など関係機関に要望し、その実現を図っていくことを決定しました。

地方分権の推進
高規格幹線道路等の整備促進
太平洋新国土軸構想及び地域連携軸構想の推進
震災対策関係施設の充実・強化
四国の新幹線鉄道の整備促進
本州四国連絡橋の建設促進
中山間地域振興対策の充実・強化
国際化に対応し得る農業・農村対策の拡充・強化
地方財政基盤の確立
10 介護保険制度の円滑な導入・運営
11 過疎地域振興のための法的措置
12 水資源対策の充実・強化
13 廃棄物の処理に関する制度の整備充実
14 地方における情報通信基盤の整備推進
15 四国地方への公共事業の重点配分