定例会 閉会中の委員会活動 今月の表紙 お知らせ 県議会トピックス

トップ>2月定例会の概要



平成22年度一般会計予算案を可決

 2月定例県議会は2月22日に招集され、3月24日までの31日間にわたり開かれました。
 開会後、平成22年度香川県一般会計予算案や各種条例議案など34議案が提出されました。 
 平成22年度当初予算案について、知事からは、「国からの交付金などにより積み立てた雇用対策をはじめとした各種基金を有効活用するなどして、経済・雇用対策などに重点化を図り編成を行った」と説明がありました。
 続いて、国の第2次補正予算に伴う平成21年度香川県一般会計補正予算案など議案3件を先に審議することを決め、委員会での審議を経て同日可決しました。
 また、議員から「宇野〜高松航路の存続等に向けた支援を求める意見書案」が提出され、同日可決しました。
 3月16日には、事業執行に伴う平成21年度香川県一般会計補正予算案などの11議案が、24日には人事案件3議案が追加上程されました。
 最終日には、各常任委員会の審査結果報告や討論などが行われ、採決の結果、知事提出48議案すべてが原案通り可決・同意されました。
 平成22年度香川県一般会計予算案に対して提出された修正案は否決されました。
 続いて陳情の裁決が行われ、1件が不採択、9件が継続審査とされました。
 その後、議員から条例や決議、意見書などの議案17件が提出され、討論を経て16件が可決、1件が否決されました。

●平成22年度香川県一般会計予算
・総額約4,312億円
・対前年122億円(2.9%)の増加、前年度より増加は9年ぶり


●平成21年度香川県一般会計補正予算(2月22日提出分)
・国の第2次補正予算に伴う補正
・総額55億円余の増額


●香川県職員定数条例の一部を改正する条例
・行財政改革による職員数の削減を進めるため、職員の定数などを見直すもの

●香川県健康生きがい中核施設条例の廃止等に関する条例
・健康生きがい中核施設を、地元市町に譲与することに伴う条例の廃止など

●香川県次世代育成支援行動計画(後期計画)の策定について
・社会全体で次世代育成支援に取り組む指針として策定(平成22〜26年度計画)

●平成21年度香川県一般会計補正予算(3月16日提出分)
・事業執行などに伴う補正
■代表質問 ■一般質問
■議員提出議案 ■常任委員会だより
■請願・陳情

戻る