定例会 閉会中の委員会活動 お知らせ 今月の表紙

トップ>今月の表紙

先人の思い伝わる巨大な砂絵文字。
有明浜(観音寺市)の白砂に描かれた「寛永通宝」は、東西122m南北90m周囲345mもある巨大な砂絵で、琴弾山の展望台から見るときれいな円形に見えます。言伝えによると寛永10年(1633)に当時の藩主である生駒高俊公を歓迎するために土地の人々により一夜にして作られたといわれています。例年、春と秋にはボランティアがスコップなどを手に砂絵を修復する「銭形化粧直し」が行われます。この銭形を見れば健康で長生き、しかもお金に不自由しなくなると伝えられ、多くの人がこの地を訪れています。


戻る