定例会 閉会中の委員会活動 お知らせ 今月の表紙 議会の仕事

トップ>お知らせ

総額約135億円を増額する平成20年度一般会計補正予算案を可決
急激な景気後退の影響が広がる中、異例の2月臨時県議会が開かれ、緊急の雇用対策や地域活性化策、金融対策を盛り込んだ補正予算案を審議し、可決しました。
 臨時県議会は2月9日に招集されました。
 開会後、総額約134億7千万円の平成20年度香川県一般会計補正予算案と、国の平成20年度第2次補正予算成立に伴う緊急雇用創出などを目的とした国からの交付金を積み立てる基金条例関係6議案が一括上程されました。
本会議での採決
 知事は、これら7議案の提案理由について、「離職者などに対する緊急雇用対策や地域生活・産業基盤整備などに早急に取り組み、平成21年度当初予算と併せて切れ目のない対策を講じることが、県経済の活性化や景気浮揚、雇用の創出を図る上で重要であると考え、急きょ補正予算案を編成した」と説明しました。
 常任委員会での審査を経て、7議案すべてを原案通り可決し、同日閉会しました。

平成20年2月定例会からインターネット中継を始めて1年が経ちました。
これからも、本会議と常任委員会の審議の模様をインターネット中継を通じて公開してまいりますので、ご利用ください。

平成20年9月から、本会議に加え、常任委員会の会議録を公開しています。
ホームページ画面もそれに併せてリニューアルしました。本会議の会議録は平成3年4月臨時会分から、常任委員会の会議録は平成20年2月定例会分から公開しています。


戻る