定例会 閉会中の委員会活動 お知らせ 今月の表紙

トップ>閉会中の委員会活動


 ◆総務委員会
  (1月18日・現地視察)
  ・高松市立檀紙小学校、やしま幼稚園、情報通信交流館「e-とぴあ・かがわ」(高松市)
  (1月29日・審査)
   本県初のPFI事業により整備した情報通信交流館「e-とぴあ・かがわ」の利用拡大に向けた
   取り組み、青色回転灯装備車両の効果と自主防犯活動への支援、さらには、安全安心まちづくり
   教育隊の運用などについて審査しました。

 ◆環境建設委員会
  (1月23日・審査)
   みどり整備・保全行政について、森林整備が進まない現状の中での県民参加の森づくりの
   取り組みなどを、港湾行政について、業者の指名停止などにより発注できないガントリー
   クレーンの調達について今後の対応などを執行部にただしました。

 ◆文教厚生委員会
  (1月19日・現地視察)
  ・人形劇場とらまる座・人形劇学校「パペットアーク」、東かがわ市給食センター(東かがわ市)
  (2月8日・審査)
   新型インフルエンザ対策行動計画の取組状況と今後の対応、健康危機管理体制の確保などに
   ついてただしました。また、地域固有の伝統文化を保存・継承していくための対策、文化芸術の
   振興に関する条例の制定などについてただしました。

 ◆経済委員会
  (1月26日・現地視察)
  ・香川県漁業協同組合連合会瀬戸内事業場(高松市)
  ・まちづくり型観光(観音寺市)
  ・香川近代美術館(三豊市)
ノリの共販所(高松市)
  (2月6日・審査)
   「ジャパンフラワーフェスティバルinかがわ」を契機とした観光振興と地域活性化策、県産品
   の海外販路開拓、国際観光の推進、ノリ養殖の被害状況と対策、魚類養殖の現状、新魚種の
   ブランド化、漁業協同組合の合併などについてただしました。

 ◆行財政改革推進特別委員会
  (2月15日・審査)

   今後の財政再建の進め方、人件費の削減、補助金の廃止・縮減に伴う県の姿勢、道州制の検討
   状況、高校の再編整備、公用車の一括管理・リース化、県営住宅の再編整備、文化行政に対する
   組織の見直しなどについて審査しました。

 ◆環境対策特別委員会
  (2月7日・審査)
   地球温暖化対策の推進のための県民意識の醸成に向けての取り組み、教育委員会と連携した環境
   教育・環境学習の推進の取り組み、空きビンの再利用、デポジット制度の取り組み、リユース容器
   の利用などについて執行部にただしました。

 ◆公共交通対策特別委員会
  (1月25日・現地視察)
  ・さぬき警察署(さぬき市)
  ・ことでん空港通り駅、小豆島フェリー(株)・四国汽船(株)、ことでんバス(株)(高松市)
  (2月1日・審査)
   道州制など将来を見据えた公共交通政策のあり方や、公共交通機関に対する支援のあり方、また、
   自家用車による福祉有償運送制度の活用や、国内国際空港との路線開設、さらには、高速バス利用
   者の利便性確保などについて審査しました。

 ◆地域再生・産業活性化特別委員会
  (1月24日・現地視察)
  ・学校法人北川学園キッス調理技術専門学校、香川大学大学院香川大学・愛媛大学連合法務研究科、
   北浜alley、イサム・ノグチ庭園美術館(高松市)
  (2月2日・審査)
   サービス産業の人材育成、高松市丸亀町G街区再開発事業の今後の展開と中心市街地活性化の
   取り組み、地方交付税減少下での地域活性化の取り組み、アートによるにぎわいづくり、観光客の
   動向分析、中高年層の雇用対策などについて聞きました。

戻る