更新日:2006/1/25


トップ>報告


決算行政評価特別委員会

 平成16年度歳入歳出決算(一般会計、特別会計、企業会計)を審査するため設置した決算行政評価特別委員会で次のとおり審査し、11月定例会で認定しました。

まっちょる犬
 平成16年度の一般会計決算額は、歳入が4,873億円余、歳出が4,770億円余で、前年度と比べ、歳入は0.4%の減、歳出は0.5%の減となっています。

 形式収支は102億9千万円余の黒字であり、翌年度に繰り越すべき財源を除いた実質収支は58億6千万円余、単年度収支は、17億円余のそれぞれ黒字となっています。

 特別会計は、歳入総額609億6千万円余、歳出総額589億1千万円余で、実質収支は19億6千万円余の黒字となっています。

 公営企業会計は、純損益が、県立病院事業会計は1千9百万円余の赤字、水道用水供給事業会計は4億5千万円余の黒字、工業用水道事業会計は1億4千万円余の黒字、五色台水道事業会計は百万円余の黒字となっています。

 政策部関係では、市町合併への財政支援、瀬戸大橋の通行料金、道州制、人権同和政策などを審査しました。

 総務部関係では、県税の滞納整理、指定管理者制度、男女共同参画、防災対策基本条例、消防吏員の育成などを審査しました。

 環境森林部関係では、渇水対策、新エネルギー導入促進事業、間伐材の利用促進、産業廃棄物処理の指導・監視などを審査しました。

 健康福祉部及び病院事業関係では、障害者の就労支援、介護保険財政安定化基金、乳幼児医療、O157の集団発生、次世代育成支援、県立病院の整備などを審査しました。

 商工労働部関係では、糖質バイオクラスター事業、小規模企業特別融資制度、大型店を活かした地域振興、県内工業団地の状況などを審査しました。

 農政水産部関係では、担い手の確保と育成、ため池の整備、農業協同組合検査、新たな経営安定対策などを審査しました。

 土木部関係では、琴電連続立体交差事業、港湾整備、三豊鳥坂インター整備に伴う排水対策、高松自動車道の全線四車線化などを審査しました。

 教育委員会関係では、学校の耐震改修、県立高校の再編整備、学校における食育、教員の給与制度などを審査しました。

 公安委員会関係では、改造エアガンに対する取り締まり、交通事故多発地点での事故防止、警察官の増員、高齢ドライバー対策などを審査しました。

 水道事業会計関係では、第二次拡張事業及び香川用水施設緊急改築事業の進捗状況、水道料金の改定見通し、危機管理対策などを審査しました。

 また、総括としては、来年度予算編成方針、アスベスト対策、高病原性鳥インフルエンザ対策、災害復旧状況など県政全般にわたり審査しました。