更新日:2004/5/25


トップ>閉会中の委員会活動

閉会中の委員会活動〈3〜4月中〉

◆総務委員会
〈4月20日・審査〉
   香川県の情報化に関して、蓄積された情報の漏洩防止方策などについて、また、国際化の推進に関して、
KAGAWAアンバサダー事業などについて、さらに、犯罪発生の抑止に関して、パトカーの24時間運用や、携帯電話からの110番通報への対応、増員された警察官の効果的配置などについて、具体的な取組状況を執行部にただしました。
  ※…KAGAWAアンバサダー事業=アンバサダー(英語で大使という意味)を選考・委嘱して、香川県のイメージアップを図るとともに、海外向け事業に対しアドバイスをいただくもの。

◆環境建設委員会
〈4月13日・審査〉
   みどりの保全と創造について、里山オーナー制度のこれまでの実施状況と今後の取り組みをただしました。また、道路・都市計画・下水道行政について、鳥坂インターの連結許可申請後の進捗見通し、下水道整備率を向上させるための支援策、市町合併に伴う道路整備などを質問しました。

◆文教厚生委員会
〈4月12日・審査〉
   障害者(児)福祉の向上のため、障害者の起業への支援、障害児のショートステイ、アビリンピックへの取り組み、授産活動への支援などをただしました。また、県民や児童・生徒の健康づくり、体力の向上のため、総合型地域スポーツクラブの育成、スポレク祭の成果の地域スポーツへの波及、学校給食における地産地消などを質問しました。

◆経済委員会
〈4月15日・現地視察〉
   サンポ−ト高松交流拠点施設の観光情報センター、高松市文化芸術ホール、「全国豊かな海づくり大会」の会場予定地《高松市》
〈4月15日・審査〉
   さぬきうどんを活用した持続性のあるにぎわいづくり、インフラ整備を含めた観光客の受け入れ体制の整備、漁業の担い手確保や水産物の流通対策、タケノコメバルやイタボガキなど新魚種の香川ブランドとしての確立などを質問しました。

◆高速道路・都市整備促進特別委員会
〈3月24日・審査〉
   高松自動車道が昨年3月に全線開通、また、サンポート高松がこの春グランドオープンするなど、社会資本整備が目に見える形で進んでいます。こうした中、高松自動車道の4車線化、サンポート高松の整備効果、サンポート高松の駐車場料金、都市計画の見直し、地域高規格道路などをただしました。

◆環境対策特別委員会
〈3月26日・審査〉
   「循環型社会の構築と環境産業の育成」というテーマの下、直島エコタウン事業の進捗状況や、二酸化炭素の削減を目指す新エネルギーの導入対策、デポジット制度の実施に向けた取り組み、また、地域環境産業振興のための補助の実施状況などをただしました。