更新日:2003/5/25

トップ>各会派の基本方針

■平成15年度 各会派の基本方針
 
自由民主党議員会
 私たち自由民主党議員会は、広く各地域から選出された議員により構成されており、県議会の最大会派としてその責任は誠に重大であり、各界各層、また、各地域からの意見をお聴きし、独自の政策を執行しています。
 21世紀は低経済成長で少子高齢化の時代であり、厳しい状況の中、これまで以上に政策の研究や費用対効果などを考えた選択が必要であることを痛感しています。
 そのため、全国に先駆け、議員会内に4つのプロジェクトチームを結成して、それぞれのテーマごとに調査研究を行い、知事に提言するとともに、代表質問や一般質問に生かしてきました。
 今後は、特に、県庁再生プランの実施にあたって、執行部に対する議会のチェック機能を発揮して、透明性が高く、成果、効率を重視した県政を目指します。
 平成15年度におきましては、行財政改革を引き続き推進することにより、県政運営の全般にわたって、県民生活に直結した諸政策を積極的に実施します。
 
@ 緊急の課題は、依然として厳しい状況の続く本県経済の活性化のため、総合経済対策の強力な推進であります。産学官連携による新規・成長産業の育成支援や観光振興、また、雇用対策に重点的に取り組みます。
A 架橋15周年を迎えた瀬戸大橋の利用促進や、本四公団に対する地元負担の低減を求めていきます。
B 大規模災害に対する危機管理体制の整備、公共交通機関の充実、NPOとの協働など県民参画の推進を図ります。
C 地球温暖化対策、循環型社会の形成など「環境立県」を目指す取り組みを進めます。
D 高齢者の健康づくり、生きがい対策や、夢と希望をもてる子育て支援対策、また、障害者施策の充実を図ります。
E 食の安全・安心確保に向けた対策を重点的に実施するとともに、香川型農業の推進に取り組みます。
F 県土の均衡のとれた発展のために幹線道路網の整備や、河川・海岸整備など社会基盤づくりを推進します。
G 香川型教育の推進・充実に努めるとともに、教職員配置の充実や教員の資質向上のための施策に取り組みます。
H 街頭犯罪の撲滅や交通事故の防止など安全で安心なまちづくりや、少年犯罪・非行の防止を推進します。
 今後とも、我々の知恵と力を合わせて、県民の皆さんの愛する郷土づくりの戦略を考え、「夢があり、活力がある香川県」を、責任を持って創りあげます。 
  ※・・・NPO=「民間非営利団体」つまり、営利を目的としない民間組織
社会民主党・県民連合
 真鍋県政二期目に際し、これ以上、福祉行政が後退しないようチェックすること。
 また、冷たい官僚的な県政にならないよう、百万県民の視点で見つめ直すよう求めて行きたい。
 財政的には厳しいものがあるけれども、県職員に一方的にしわよせされないようにしてゆく。不況で雇用対策も重要な課題として取りあげてゆく。
 議会運営については、自民党が多数であり、ゴリ押しに負けないよう団結を強めてゆく。
 二十一世紀が夢と希望のもてる時代にしてゆくため全力を尽くす決意で臨みたい。
   
公明党議員会
 地方分権の時代を迎え、県政の課題は山積しています。行財政改革、観光振興、景気・雇用対策、環境先進県の推進、少子高齢化社会への対応等、生活者の立場で、『優しく・安心・元気かがわ』の構築に全力で取り組みます。
   
日本共産党議員団
 くらし・福祉優先の県政実現に頑張ります。税金のムダづかいはさせません。
県民のみなさんの願いが生きる県議会めざし努力します。
   

かがわみらい

 激動する時代、既成政党にとらわれない県民党の立場を貫き、社会的弱者へのしわ寄せ、不公平、不公正を許さない、文化重視の政治を目指します。

   
みんなと政治をつなぐ会

 行き詰まった社会の現状を打破するカギは多様な価値観の尊重。女性の視点や少数派の意見を反映した活発な議論のできる議会に変えていきたい。

   
民主党議員会

 文化芸術活動の活性化支援、環境優先の循環型社会の構築、商工業者の法税務支援、介護・障害者施設の整備、少人数授業で基礎・基本教育の徹底。

   
政治に参加する会
 公開参加による住民主体性の下で「豊島を教訓として反映できる県政」「将来を見据えた地道な地域づくり」に取り組んでいきたい。

■議会各会派
◆自由民主党香川県議会議員会
31
◆香川県議会社会民主党・県民連合
7
◆公明党議員会
2
◆日本共産党香川県議会議員団
1
◆かがわみらい
1
◆女性を議会に!みんなと政治をつなぐ会 
1
◆民主党議員会
1
◆政治に参加する会
1