議会情報

採択された意見書・決議

森林整備加速化・林業再生事業の継続を求める意見書

 我が国は、森林が国土の約7割を占める世界有数の「森林国」である。森林は、国土の保全や水源の涵養、地球温暖化の防止等を通じて、国民が安全で安心して暮らせる社会の実現に大きな役割を果たしている。
 また、我が国の森林は、戦後を中心に植栽してきた人工林が本格的に利用可能な時期を迎えつつあり、この豊かな森林資源を有効活用することにより、日本の林業を再生し、真の成長産業とすることが大いに期待されている。
 本県においては、平成21年度に国において創設された「森林整備加速化・林業再生事業」を活用し、これまで川上から川下に至る関係者が一体となって間伐の実施や路網の整備、加工流通体制の整備、県産材を利用した木造公共施設等の整備など、森林整備の一層の促進と林業・木材産業の再生に向けた取り組みを進めているところである。
 しかしながら、同事業は平成26年度で終了することになっており、このまま事業が終了すれば、本県の森林の整備から利用までの総合的な取り組みが減速することが懸念される。
 よって、国におかれては、今後の予算編成に当たって、基金事業である「森林整備加速化・林業再生事業」の継続と、森林・林業の再生に必要な財源を確保するよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成26年7月10日
香 川 県 議 会