議会情報

採択された意見書・決議

学校週5日制を見直し土曜日授業の復活を求める意見書

 学校週5日制については、中央教育審議会の提言を受け、学校や家庭、地域社会が相互に連携しながら、豊かな社会体験や自然体験などの様々な活動の機会を子供たちに提供し、自ら学び考える力や豊かな人間性などの生きる力を育むことを目的に、平成14年度から完全実施されている。
 多くの子どもたちは、休日となった土曜日を文化・スポーツ活動や地域行事への参加などで有意義に過ごしているようであるが、一方では、家庭や地域の教育力が必ずしも十分でなく、無目的に過ごしたり、生活のリズムを乱す子どもたちも少なからず存在している。
 また、小学校では平成23年度から、中学校は本年度から新学習指導要領の完全実施により、学習すべき内容が増え、授業時間も増加しており、学校現場では、今まで以上に平日が多忙となることが懸念されている。
さらに、教員が子どもと向き合う時間が十分に確保できなくなっていることから、暴力行為やいじめ、不登校などの問題行動等の増加につながっているのではないかと危惧されている。
こうしたことから、土曜日授業の復活は、保護者からも求める声が強く、現在、東京都をはじめ全国的な動きとなっている。
 土曜日授業の復活には、教員の勤務時間の確保等クリアすべき問題も多いが、我が国の未来を担う子どもたちに十分な教育を確保することは、重要な課題である。
 よって、国におかれては、子どもたちの学力の向上や問題行動等の解消を図るため、学校教育法施行規則において学校の休業日とされている土曜日を見直し、正規の教育課程として土曜日授業の復活に向けて適切な措置を講じられるよう強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 

平成25年3月19日
香 川 県 議 会