議会情報

採択された意見書・決議

防衛庁を「省」に昇格することを求める意見書
 自衛隊は、国内的には、国民の生命や財産を保護する活動が期待されており、国際的には、武装工作船の我が国周辺への出没などアジア太平洋地域の不安定な要素の存在や、米国における同時多発テロ事件等に見られる緊迫した国際情勢の中で、国防の重要性は増し、さらに国際平和への貢献についても強く求められているところである。
 現在、防衛庁は、内閣府設置法で内閣府の外局に位置付けられており、大臣が置かれているものの、組織的には内閣府の下部組織であるが、主要各国において国防に関する組織は「省」となっている。
 我が国を取り巻く厳しい安全保障環境の中、主要各国同様、国の防衛の基本的な位置付けとして、防衛庁を「省」に昇格し、安全保障や危機管理に的確に対応できる体制を整備するとともに、国際的にも積極的な役割を果たしていく必要がある。
 よって、国におかれては、防衛庁の「省」昇格を早期に実現されるよう強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成14年10月17日
香 川 県 議 会