議会情報

採択された意見書・決議

道路整備予算の拡大に関する意見書
 道路は、地域住民の日常生活や活力ある経済・社会活動を支える最も基本的な社会資本であり、その整備に県民の強い期待が寄せられている。
 本県においては、景気低迷の続く厳しい財政状況の中ではあるが、本州四国三橋時代を迎え、二十一世紀に向けた美しい田園と活力あふれる香川県の創造をめざして、各般の施策や事業を推進しているところであり、なかでも高規格幹線道路として現在建設が進められている四国横断自動車道「高松〜鳴門間」、地域の連携と交流圏の拡大を図る地域高規格道路をはじめとする高速道路から一般国道・県道・市町村道に至る体系的な道路網の整備は、地域基盤の根幹を成すものとして、最も、緊急かつ不可欠な課題となっている。
 よって、政府におかれては、地方における道路整備の重要性を十分認識され、次の事項について、特段の配慮がなされるよう強く要望する。

一、平成十二年度予算においては、新道路整備五箇年計画に基づき、円滑に道路整備を推進していくため、道路特定財源制度を堅持するとともに、一般財源を大幅に投入し、道路整備費を拡大すること。
二、本州四国三橋時代を迎え、四国横断自動車道の高松以東全区間の早期整備を図ること。
三、地方の道路財源の充実強化を図り、併せて、本県への傾斜配分を図ること。

 以上、地方自治法第九十九条第二項の規定により意見書を提出する。

平成十一年十月十三日
香 川 県 議 会