国の対策の概要


農林水産省の対策


BSE関連緊急対策について

目的
安全な牛肉しか出回らないシステムを確立させる。
影響を受けた生産者及び関連産業への支援を行う。
  1. 出荷繰延べに対する助成
    • 積極的にBSEのスクリーニング検査を受けるため、その体制が整うまでの間、生産者が自主的に出荷を繰り延べする場合、出荷を見合わせたことに伴い必要となる飼料代等相当額を助成する。

  2. 患畜関連牛の自主的な処分に対する助成
    • 患畜関連牛を公益法人が買い上げ、都道府県家畜保健衛生所職員の立ち会いの下で、BSE検査と焼却処分を行う場合に、牛の買い上げ費、検査費、焼却費等について助成する。

  3. サ−ベイランスの強化
    • BSEスクリーニング検査体制が整うまでの間、と畜出荷予定牛に対するサーベイランスを集中的に実施し、BSEを疑う牛のと畜場の出荷を防止することにより、食肉の安全性の確保を図る。

  4. 消費減退、出荷繰延べによる影響の緩和
    • 経済的に影響を受けた大家畜経営、食肉処理販売経営、畜産副産物経営の維持・経営に必要な低利の短期の運転資金を融通する。

  5. 国産牛肉等の安全性のPR
    • 国産牛肉、牛乳等の安全性のPR、BSEの正しい知識の普及活動の実施について助成する。

  6. 肉骨粉の処理の推進
    • 飼料利用としての取引が困難となった肉骨粉を焼却する場合について助成する。


反すう動物等由来たん白質を含む飼料の牛への給与禁止について

飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令の一部を改正する省令(平成13年農林水産省令第123号)が平成13年9月18日付けで公布され、即日施行されました。

これにより、反すう動物由来たん白質(肉骨粉)を含む牛用飼料等は基準又は規格に合わない飼料として、飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律に基づき製造等が禁止されました。(法第2条の3)

  1. 牛用飼料は反すう動物等由来たん白質(反芻動物及びミンクに由来するたん白質(乳及び乳製品並びに皮のみに由来するゼラチン及びコラーゲンを除く。)をいう。以下同じ。)を含んではならないこと。
     
  2. 牛用飼料原料に反芻動物等由来たん白質を用いてはならないこと。
     
  3. 反すう動物由来たん白質を含む飼料は牛に使用してはならないこと。
     
  4. 反すう動物由来たん白質を含む飼料は牛用飼料に混入しないよう保存しなければならないこと。
     
  5. 反すう動物由来たん白質を含む飼料には、使用上及び保存上の注意として、
    <1>この飼料は牛に使用しないこと  
    <2>この飼料は牛用飼料に混入しないよう保存すること
    を表示しなければならない。  
    5については、経過規定を設ける(平成14年1月1日より施行)

厚生労働省の対応


  1. 牛海綿状脳症(BSE)に対する監視体制の強化
    • 全国の食肉衛生検査所(117ヶ所)に牛海綿状脳症(BSE)の精密検査 (スクリーニング検査)を導入することとし、その整備を都道府県に助成している。

  2. 定期的に検査結果の公表など牛海綿状脳症(BSE)の情報の提供に努める
     
  3. 牛の特定危険部位の除去
    • 「国際獣疫事務局」(OIE)の基準によると、危険部位として牛については、脳、脊髄、眼、回腸遠位部が指定されているので牛肉等の安全衛生の観点からと畜解体時に全ての牛の頭蓋(舌、頬肉を除く。)及び脊髄並びに回腸遠位部を除去し焼却するようと畜関係者に都道府県等に指導を要請している。

  4. サーベイランスの強化
    • 全国一斉に牛海綿状脳症(BSE)の検査をと畜場に搬入される牛全頭について実施している。