展示の案内

パン屑リンク

平成29年度の企画展示等について、ご紹介します。

讃岐まんのう公園 width=

3. 「国営讃岐まんのう公園ポスター展」

(平成29年9月12日(火)〜10月1日(日))
(ただし、9月19日(火)は休館日です。)
チラシ[PDF 724KB] は、こちらからご覧になれます。

 

 四国で唯一の国営公園であるまんのう公園では、四季折々の花々を観賞したり、芝生広場や遊具などで思いっきり体を動かしていただけるほか、各種の体験教室やイベントを開催し、県民の皆様に親しまれています。

  今回のポスター展では、このようなまんのう公園の魅力の一端をご紹介しています。
国営讃岐まんのう公園ホームページ

江戸・明治のビッグプロジェクト width=

2.「江戸・明治のビッグプロジェクトと讃岐人」

(平成29年7月4日〜9月10日)

チラシ[PDF 1,101KB]PDFはこちらからご覧になれます。

 6月まで開催の企画展示「昭和のビッグプロジェクト」。しかし、ビッグプロジェクトは昭和だけではありません。その時代時代に讃岐を、香川を、四国を、そして日本を動かしたビッグプロジェクトがありました。
 夏の企画展示では、そんなビッグプロジェクトの中から、来年没後200年を迎える伊能忠敬(いのうただたか)の讃岐測量、大久保ェ之丞(おおくぼじんのじょう)らが奔走し丸亀・多度津−高知―松山を結んだ四国新道の開削、明治22年の讃岐鉄道開通以降進められた香川の鉄道建設という、江戸時代・明治時代の3つの出来事を取り上げ、それらを様々な形で支え、関わった多くの讃岐人の姿を、館蔵資料を中心に紹介しました。

昭和のビッグプロジェクト width=

1.「香川県の挑戦 昭和のビッグプロジェクト
 −番の州・香川用水・瀬戸大橋−」

(平成29年4月11日〜6月25日)
チラシ(表)[PDF 311KB] チラシ(裏)[PDF 456KB] PDFはこちらからご覧になれます。

  香川県は昭和30・40年代の高度経済成長期に数多くの大規模事業が計画・実施されました。そのような大規模事業の内、本展は「番の州埋立と工業開発」・「香川用水」・「瀬戸大橋」について紹介しました。
  どのようにして、このような大規模事業の完成に至ったのか、それぞれの事業の経緯等を当館所蔵の公文書を中心に用い紹介しました。
 香川県でも過去に類をみない大規模事業を行った記録を展示することにより、「うどん県。それだけじゃない香川県」という標語の「それだけじゃない香川県」の一面を紹介しました。
記念スタンプ[JPG 111KB] JPG

前のページへ戻る
ページの先頭へ戻る